09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.10.20 (Fri)

★広島ドッグパークの報道がされます。

広島で起きた、痛ましいドッグパークの事件を覚えておいででしょうか?
あまり報道されない事件ですが、犬たちの救助はまだ続いております。

アークエンジェルズ活動記録の報告を見ると、
もう辛くて辛くてたまりません。

栄養失調から眼球が萎縮・眼圧が上がり腫れあがった眼球を両目に持つ犬。

10歳を超えた老犬は、ウチの愛犬とほぼ同じ年だ。




ph-g12.jpg
我が家の愛犬ギル。




同じ黒ラブなのに、この差。

ブログに書かれた

『彼女の10年に楽しい事はあったのだろうか?
 彼女の10年に笑顔があったのだろうか? 』


という言葉が胸を打つ。



あまりにもメディアに取り上げられないので、私なりに情報を集めてみました。
ご一読くだされば、幸いです。

(以下、朝日新聞より抜粋)

【広島市にも責任】
 広島市は16日に会見を開き、「ここまで至った責任は(市にも)ある」と
 落ち度をはじめて認めた。
 今後は動物の取り扱い業者への立ち入り調査の頻度を増やすなど、
 再発防止策をとることを明らかにした。
 説明によると、今年4月26日、獣医師の資格を持った職員が立ち入り調査をした際、
 犬舎の衛生状態が悪化しているなど、動物愛護管理法に反する飼育状況を把握した。
 しかし、プロダクション側が「奥に入ると危険」と説明したため、調査を断念。
 5ヵ月後の9月26日に動物愛護団体「アーク・エンジェルズ」と調査するまで、
 犬の健康状態を把握していなかったという。

【広島県獣医師会が全頭健康診断】
 →くわしくはこちら
  全頭にフィラリア検査・疥癬治療の為の注射が実施されました。

【飼い主募る譲渡会】
 21・22日の午前10時から午後5時まで、園内で新しい飼い主を募る譲渡会を開く。
 救援した犬のほぼ全部に当たる508匹が対象となり、全国でも最大級の譲渡会になるという。
 <中略>
 飼い主となるには、責任を持って終生飼育する・狂犬病駐車をする・不妊去勢手術をする
 ことが条件。
 ブリーダーなどの業者への譲渡は行わない。
 まず2週間自宅で試験的に飼ってもらい、特に問題がないと判断すれば、
 実費で不妊去勢手術の実施を求め、正式譲渡するという。





★本日(10/20)テレビ新広島スーパーニュースにて、
 広島ドッグパークについて取り上げられます。
 ご覧いただけたら幸いです。

 17:54~ 広島ドッグパーク 里親探しの課題






地方局の番組かもしれないので、
見られない場合は申し訳ありません。






私自身、広島ドッグパークに救援活動のボランティアに参加するつもりで、
団体にメールをしたのですが、朝8時~夜8時までの活動・交通機関を使っても
2時間は掛かることを理由に断念しました。

本当に恥ずかしい限りです。
広島県にいるのに。
ヒマしてるのに。

賃貸なのでホストファミリーにもなれない。

悶々と日々を過ごす中、できることは金銭的援助のみ。

ただ知って、考えて、ブログにのたまうだけで、
ボランティアの人々には申し訳ない限りだ。

論じたり、願うだけだったら誰だってできる。
そして、なんの意味もなさない。


金銭的援助をもっとできるように、
家庭内の品をフリマで売って寄付する計画を思いつき、
運よく買っていただけました。

落札者様、どうもありがとうございました!




ディズニーランドの携帯ストラップ 2個 2円
嫌われ松子の一生 上・下 セット≪文庫本≫ 610円
日立 ホットカーラー poproll 14 HR-140F 4,000円


合計4,612円になりました!





本日、5000円をアークエンジェルズに寄付いたしました。


皆様に証明するすべはないのだけど・・・
・・・一応、送金の画面の一部をハードコピーしました。





ご賛同いただけた落札者様には、
この場を借りて、報告させていただきます。
本当にありがとうございました。



dot_08.gif

ボランティアには、際限がない。
何の援助をすべきか、できるか、どこまでできるか、は人によって違う。

偽善とか、ヒマがあるからできるんだとか、色々言われることもあるだろう。
正直、家庭や人生を顧みないで活動に没頭する覚悟があるかと問われれば、
ぐうの音も出ない。

夫に食わせてもらっている身分ゆえの、娯楽といわれても仕方ない。

でも、活動はそういう人たちを含めた善意で行われている。


アーク・エンジェルズだって、日本で処分される犬の全てを救うことはできない。
金銭的にも、人材的にも限界があるからには、
どこかで区切りをつけなければならないし、
そういうジレンマがボランティアの心を蝕む。

そんな悶々とした中で、天啓のような本を読んだ。



森絵都さんの新作、風に舞い上がるビニールシート。



風に舞いあがるビニールシート


第135回直木賞を受賞された作品です。
 →文芸春秋 書誌ファイル

この本の中で、犬のホストファミリーをしつつ、水商売をする主婦を描いている
「犬の散歩」という作品。

今の私にそっくりな立場、考え方の主人公が登場する。
思わず感情移入をし、繰り返し読んでしまった。

大学を卒業し、すぐに結婚して何不自由ない専業主婦。
結婚5年。子供はいない。
大学時代の友人に紹介されて、保健所で処分される犬を救うボランティアに参加する。
それが、ホストファミリー。
犬を飼いたい人があらわれるまで預かる家庭である。

友人は
 「この保健所で処分される1割しか助けられないの。
  9割は見捨てるしかないって、思いながら活動している。」
という。

主人公は、このボランティアをはじめた理由として
 「なりゆきかな」
と語る。

結局、全ては改善でいないし、救うことはできない。
どこかで折り合いをつけて、自分のできることをするしかない。
それでも満足できるものではないが、やらないよりは良いのではないだろうか。

そう、森さんは問いかけていると感じた。

表題となった「風に舞い上がるビニールシート」作品は、
国連職員であり、国連職員の妻が主人公。
国連で難民事業に携わる里佳は上司で、
元夫のエドがアフガンで死んだという知らせに立ち直れない元妻。
常に現地での活動を主体とする夫と、東京を離れられない妻。
その差は大きな溝を生み出し、愛し合いながらもギャップに苦しみ離婚に至るのだが・・・。

すべてを救うことはできない。

けれども・・・少しでも救えるのでは?
それが、自分の救いになるのでは?

そう感じる本だった。


久しぶりに読みながら泣いてしまった本。
(しかもスターバックスで)

自分がいっぱいいっぱいの時は、すくってあげる余裕はないだろう。
でも、余裕があるなら、自分の為にも救う努力はしたいと思う。


小味の利いた作品、心に染みる作品が盛り込まれた
久々に出会ったよい本でした。



dot_08.gif

ついでにテーマに沿って実家の愛犬も紹介。



【ギルガメッシュ/オス/11歳。】
母の働いていた山間の飲食店に捨てられた2匹のうち1匹を引き取った。
この飲食店の近くには、多くの人が犬を捨てに来る。
店では、何匹か飼っていて従業員が散歩をしたりする。
捨てに来た子は小さい姉弟。
ちなみに、黒ラブに見えるが雑種である。
無責任に繁殖させた結果なのだろうか?

保健所に持っていくのはやぶさかではないが、子犬を捨てるのはどうだろうか?
飼う、繁殖する、生活するということの重さと、痛みをちゃんと知ってほしいものだ。
「もらってもらえて、よかった」じゃないんだよ!


【ジュン/メス/11歳以上?】
父親の住んでいる家の村に放浪していた犬。
うっかりエサをやったらいついてしまった。
種類は、おそらくセッター。
獣医さんに言わせると、イギリスの結構いい系統らしい。
(獣医さんが昔、イギリスで購入して飼っていたらしい)

猟犬なので、猟ではぐれたか。
もしくは、猟に使えない能力で捨てられたか、と言われた。
年老いた猟犬を山に捨てる人は結構いるらしい。
(銃殺するって話も聞いたことがある)


【クッキー/オス/10歳?】
父親の経営するアパートの住人が、
保健所で処分しようとしたところを父が貰い受けた。
血統書付きのビーグル。(らしい)
元の飼い主いわく、「無駄吠えをするので近所迷惑といわれて」。
確かに最初はかなり近所迷惑だったが、
今では無駄吠えをしなくなった。


この子たちをとても愛していますが、繁殖はさせないつもりで飼ってきました。
それが、私たちの責任だと思っています。

この子たちが死んだとき、その子供がいれば心がやすらぐかもしれない。
でも、それは私たちの勝手な言い分。

なぜなら、ペットブームの裏でブランド志向が進む日本では、
雑種の犬や血統書のない犬は貰い手がないからです。

犬は多産です。
1~2匹なら飼えますが、10匹も生まれたら
すべての子に飼い主が現れるでしょうか?

ペットブームに乗って悪質業者がいるのも問題だが、
ペットを飼う側にも非常に問題があるこの環境。

うちの子たちみたいな子を、どうか増やさないでください。


TWITTER
スポンサーサイト
12:08  |  カテゴリ未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

Comment

Re:★広島ドッグパークの報道がされます。(10/20)

私も、広島ドッグパークの報道を知りたいのですが、なかなか見つけられず・・・



熟子さん、募金もされて素晴らしいです。

御自分の出来ることを考えてされて、本当に熟子さんのような方がいらっしゃるおかげで救われる人やわんちゃんがいっぱいいると思います。



犬でも猫でも、どんな生き物もひとつの大事な命を持っているのに。

何故人間は、自分の都合で買ったり(ペットショップなどで)捨てたりできるのだろう。



最後まで家族として生活できないなら、飼うべきじゃないのに・・・。
ペンちゃん* |  2006.10.20(金) 14:06 | URL |  【編集】

み、見逃したあっ!!

宣伝しておきながら。

アタシのバカー(泣)
熟子 |  2006.10.20(金) 20:12 | URL |  【編集】

Re[1]:★広島ドッグパークの報道がされます。(10/20)

ペンちゃん*さん

>私も、広島ドッグパークの報道を知りたいのですが、なかなか見つけられず・・・



ブログでは相変らず白熱しているのに、

メディアで取り上げられませんよね。。



>御自分の出来ることを考えてされて、本当に熟子さんのような方がいらっしゃるおかげで救われる人やわんちゃんがいっぱいいると思います。



まだまだ、です。(*´д`*)

でも、いつまででも、きっとまだまだ。



救える1割をちょっとでも、多くしたいですよね。



>最後まで家族として生活できないなら、飼うべきじゃないのに・・・。



色々事情があっても、責任を持ってほしいです。

保健所に連れて行くなら、痛みを感じてほしいです。



動物を飼うって、難しい・・・。
熟子 |  2006.10.20(金) 20:15 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jukuco.blog52.fc2.com/tb.php/963-1d547d9e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。