09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.10.23 (Tue)

夏よさらば

涼しくなった夜に金木犀の香りが漂うと、もう秋ですね。
そんな一瞬が好き。




ベランダに椅子を3つだし、スツールにコーヒーを置き、コンポからJazzを流す。



そんな夕暮れが似合う季節です。
高くなったうろこ雲を眺めながら、
たわいもない夏の話。



―夏が終わる。



1年の中で秋が一番好きなのだが、
夏が終わるこの瞬間はいつも切ない気分になる。







ことしも○○才の夏が終わったわ。




そして、一つ老けた気分になる。



私は夏は全力で遊ぶ。
梅雨明け前から予定を立て、
8月には毎週イベントが入っていないと厭。



コンサート、旅行、海、山、ドライブ、祭り、花火。




私のスケジュール帳には、もともと仕事の予定は書き込まれない。

スケジュール用シールをたくさん貼ることで、夏が楽しみになり、
楽しく過ごせる、そんな社会人の夏の絵日記。



そして秋。



着なくなった夏服を片付けながら、いつも思う。












「この服、来年も着られる?」









私の夏の装いは、ギャル系に近いカジュアルファッション。
安さも手伝って、着ない服もたくさんある。



しかし、私も32歳。
16進法で20歳だ。(まだ言う)




ここは、ガツーンと・・・処分する!!



もう、「着てもいい?イタい女に見えない?」とドキドキしながら、
装うのはやめにしよう。



再スタートを切るつもりで、新しく大人の自分への服を買っていこう。



というわけで、かなり処分。(の、つもり)



あまり着なかったものもあって、残念だ。
派手なものは、大人っぽいと感じられる物だけ2・3枚残して
ダンボールに突っ込んだ。
(果たして捨てられるか?・・・は問題)


大人の女性は、年齢への恐怖がある。
シミや皺もでてくるし、ホウレイ線が気になりだす。




でも、冷静に自分を見つめなおすことも必要だと思った。






なぜなら・・・最近、イタい女になっている人ばかり見るから!!










広島の人って・・・若作り・・・。(広島だけにあらず?)






あきらかに50代なのに、セシルマクビーにハニーブロンドに脱色している女性。
皺にラメピンクの口紅が合っていない女性。
やせ細ってシワシワな足にミニスカ&ブーツ推定50代。




振り返った顔を見て、なんど驚いたことか。
恐怖っすよ。ウメヅカズオっすよ。





服より、まず、美容外科だろ、と。(毒)





ああ、これがイタイ女なのね・・・。
人のフリみて、わが身を直せ、とミソジの神に言われているような、
錯覚を起こします。





娘と同じ格好をしている女性も多い。
50台に花柄チユニック&レギンス&お団子頭で、
娘とおそろいってどうだろう?(共用?)
ナチュラル派でも、ちょっとオカシイと思う。
あれが友達親子なんだろうか。



ケツ、こそばゆ~~~っっ。




自分を冷静に見れていない。
周りが目に入っていない。



それはある意味、精神的な未熟さを感じる。
イタイ女というのは、精神的に未熟すぎる女のことなのではないだろうか?


服や化粧が単に若いというのは、
精神的な若さではなく未熟さと無知さを露呈する。


若いお母さんや、おしゃれなお母さんが増えたというけれど、
本当に年齢を重ねていてなお、
自然な若さ、おしゃれ、そして品を感じる女性って、
滅多に見ない。



老けた格好をしなくてはならない、というワケじゃない。



今の自分に最も似合うもの、と冷静に分析し、
周りを意識できる心配りができる女性が大人なのだと思う。



しかし、客観的に自分を分析することって、とても難しい。



はてさて、私はイタい女なのか。
自分では良くわからない。



今年の衣替えは、心機一転、
第3者に検分してもらって、
イタいブツは捨てられるようになろう。
目指せ、若さの残骸を捨てられる女!






先日は広島のクレアーズで、
最強のイタい女を発見。






妖怪ゴスロリ女...







だって!





子連れ!






どう見ても顔は引田テンコー!





多分、私より年上!!




ここまでくると、突き抜けていて勇気を感じます。
常人じゃないや。超人だよ。

ゴスロリっていうか、テンコーさんにしか見えなくなってる。
イリュージョンでもやってくれるかと思ったくらい非現実的。




・・・連れていた娘さんはハロウィンの魔女のようなカッコしてました。(逆だろ、オイ)
お店の外で待っていた、夫らしき男性はフツーのカッコだったのが救われました。


TWITTER
スポンサーサイト
12:50  |  熟女道  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Comment

へぇ~

広島ってそんなにイタイ人が多いの?

イメージ的には関西とかに派手な人が多そうな感じだったけど

広島のイタイ人達ちょっと写真付きで見てみたかったわぁ~
天使のつばさ |  2007.10.23(火) 23:30 | URL |  【編集】

Re:夏よさらば(10/23)

大人の秋ですね~。

年相応の雰囲気を素敵に纏うというのはなかなか難しいです。

でも熟子さんは大丈夫じゃないかなーと思いますよ☆

しっかりしておられるし。



それにしてもゴスロリはただでさえ目立ちますからねー。

テンコーは厳しいわぁ。

そうそう私もイタイ人見ましたよ!

ひと昔前の吉田栄作かと見紛うばかりの男性を。

ジーパンに素肌に白シャツ前あけて・・・あぁイタイっ!

yona |  2007.10.24(水) 09:08 | URL |  【編集】

Re:へぇ~(10/23)

天使のつばささん

>イメージ的には関西とかに派手な人が多そうな感じだったけど



そうですねぇ。

田舎に住んでいる所為か、派手というわけではないです。

かといって、ダサくもなくおしゃれな人もたくさんいますよ。



>広島のイタイ人達ちょっと写真付きで見てみたかったわぁ~



ゴスロリ女はお願いしたら、撮れたかな・・・。

否、こんな小ばかにした日記に載せるのは気の毒・・・。

熟子 |  2007.10.24(水) 12:48 | URL |  【編集】

yonaさん

>年相応の雰囲気を素敵に纏うというのはなかなか難しいです。



すてきな見本がいればいいのですけどね。

エビちゃんが30代になったら期待!



>でも熟子さんは大丈夫じゃないかなーと思いますよ☆



ありがとうございます~。

ぼちぼちワードローブも変えておかねば、と思っている最中ですよ。

若い服、意外に捨てられないんです。



>それにしてもゴスロリはただでさえ目立ちますからねー。



洋服もお高いですしね。

そうそう処分もできないでしょう。



>ジーパンに素肌に白シャツ前あけて・・・あぁイタイっ!



な、なつかし~~!吉田栄作。



ジーパンにシャツ入れちゃっている人を見ると、

ちょっと切なくなってしまいます。
熟子 |  2007.10.24(水) 12:50 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jukuco.blog52.fc2.com/tb.php/613-4c9f8f35

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。