09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.03.11 (Sun)

京都が呼んでる。。。

久々に、本を買いました。





古本で350円。

渡辺多恵子著 『風光る』2006年12月発売 最新刊



渡辺多恵子ファンなので、新刊で必ず買うマンガの一つ。
でも、ガイドブックはマンガじゃないからねぇ・・ということで、
買わなかったのだけど、
古本屋で見かけたら急にほしくなってしまった。


オマケにこんな本も。



コチラは100円。
どうしてか、2巻以降しか持っていないご主人様。(なんでやねん)
旅好きの友人がことごとく、「これを読むと旅に出たくなる」という図書。


図書館に行って、本を借りてきた。
目に留まったのはコチラ。



グレゴリ青山著 ナマの京都



グレゴリ青山さんは、雑誌ダ・ヴィンチでコミックエッセイの書き手の1人。
かなり強烈な個性の持ち主で、絵はヘタウマというよりヘタすぎてすごいです(笑)
しかし、なぜかツボにはまる感性。

グレゴリ青山さんは京都生まれの京都育ちの女性。
京都の裏表を紹介しながら、結構DEEPな京都を披露してます。


憧れの京都。
一度は住みたい・・・京都。

そう思われる方も少なくないかもしれません。




でも!




両親が京都出身の熟子にとっては、




新参者にとって住みにくすぎる土地




です。
イヤ、ホンマに。


近所とか、親戚とか、うるさくて裏表がありすぎて。
都なのにあの閉鎖的な社会。



都ゆえのプライドの高さなんですかねー?



しかし、最近思うのです。
東京から広島県にやってきて。
私は『東京』を振りかざしていないかと。
『東京の人間』であったことに優越感を抱いていないかと。
(こういう考えは、実は生粋の東京人よりも、都会を目指してきた人に多い考え方かも)




そう思うと、なんだか京都に久々に行きたくなってしまうのでした。







といいつつ、今週水曜日から、熟子、九州旅行に旅立ちまーす♪





るるるん♪



dot_03.gif

?こんなものまで楽天で売っているとは・・


京都新選組 誠印乃法被京みやげに大好評のハッピ





TWITTER
スポンサーサイト
14:10  |  カテゴリ未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jukuco.blog52.fc2.com/tb.php/491-50cf67c7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。