08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.03.21 (Wed)

人のセックスを笑うな

山崎ナオコーラさんの作品です。




人のセックスを笑うな

著者: 山崎ナオコーラ
出版社: 河出書房新社
サイズ: 単行本
ページ数: 120p
発行年月: 2004年11月
税込 1,050 円


【楽天ブックスより】
 19歳のオレと39歳のユリ。
 歳の離れたふたりの危うい恋の行方は…。
 年上の女性との恋愛をまったく新しい文体で描いたせつなさ100%の恋愛小説。
 全選考委員がその才能を絶賛した第41回文藝賞受賞作。



ハードカバーだけど、中の文字の密集度はあまりない。
30分くらいで読めます。


山崎ナオコーラさんは気になる作家の1人であり、
よく雑誌「ダ・ヴィンチ」に取り上げられる方です。



最近では、朝日新聞の日曜日にコラムを持っています。



正直、前々からタイトルが気になっていました(笑)




けれども、内容は軽い感じ。
切ない・・・かなぁ・・・?

主人公の男の子は、ヒロインの39歳の女性のことを、
39歳とみていないし、ヒロインも39歳らしくない。

個性的なキャラ設定のヒロインだけど・・・リアルな39歳ではない分、
年の差の恋愛における切なさは、あまり感じることが出来ないと思った。


期待していた分、ちょっとガッカリ。



もしかしたら、問題はアタシにあるのかもしれない。
恋愛小説ってあまり読んだことがないから、経験値が低いのかもしれない。
切なさ感度が鈍いのかもしれない。




ところで『人のセックスを笑う』シーンは、ないのですけど?



TWITTER
スポンサーサイト
11:11  |  熟女の読書道  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jukuco.blog52.fc2.com/tb.php/425-32370185

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。