08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.02.13 (Tue)

花粉症における羞恥プレイ

ようやく行ってきました。
病院。



いやー、タウンページって偉大ですね。
初めて使いました。



だって・・・




H県K市の恐ろしいところは、
ネットから情報をあまり検索されないコトなんだもん。



やっぱり、伝統的かつ紙ベースはお強うございますわね。


・・・といいつつ、タウンページの厚さを何気に測ったら、
1・5センチしかなくて、
なんだか切ない気持ちになってしまう熟子でした。



全国区だと思っていた、【ぐるなび】の話をしたら、


「なにそれ?」?a


みたいな顔されちゃいましたよ。


【ぐるなび】にK駅周辺の飲食店情報なんて、ほとんど載っていませんからね!
必要なーし!(泣)


東京デフォルトスタンダードな考え方は、
早く取っ払ってしまいたいけれども、
日々カルチャーショックを受けずにはいられないのでした。






さて、話はそれまして。




結構簡単に、アレルギー科が見つかりましたので、行ってまいりました。
K市のいいところは、無意味に病院が多いことです。

なんでも、国立病院まであるそうで、
これがあるのは日本でも数箇所しかないとのことなのです。

きっと、軍都だった過去に由来するのでしょうか。




しかし、やっぱり・・・病院は多くても待たされる現実は同じであった。
花粉症の時期ですからね。


1時間ほど待たされて呼ばれると、


看護婦「中でお待ちください」


え、エーと。



・・・。



パーティションもなにもないところに、
もう、全面が治療スペースって感じのフランクさ。

もうね、仕切りとかちっちゃいこと言ってないくらいの、
大らかさですよ。
なんでもかんでも丸見え。

喘息の治療されている人や、
注射を打たれている人、
レントゲン待ちの人、
ふつーに大部屋に散乱してます。

看護婦はあちこち飛び回り、
患者は右往左往し、、、、



ここは野戦病院



って雰囲気。



あ、医者らしき人が見つからない。


おまけに中でさらに30分ほど待たされる。


ようやくその時期になって、
医者らしきひとは、なにやら雑然とした器具の裏に潜んでいたことが判明。



わっかんねーよ。(爆)-☆



医者「花粉症ですかー。どれ」



といきなり、筒状の棒を私の鼻の穴につっこんで、中を確認





をいッッ!?a





衆人環視のスペースで、鼻ワリバシ・・・ならぬ鼻棒ですよ。
しかも左右。



鼻も恥らう・・・もとい花も恥らう3×歳????



そんな、羞恥プレイを受けるとは思いませんでしたー!

もう、お嫁にいけないわー。
もう、お嫁に行っていてよかったー。


幸いにして、野戦病院にいる人々は、
自分たちのことで手一杯で、
私のステキな羞恥プレイなぞ、目もくれておりませんでしたが。




その後、なにやら蒸気を発している機械の前に連れて行かれ、




看護婦「このチューブを両方の鼻の穴につっこんで、蒸気を3分吸ってくださいね。」







・・・また、鼻かよ!?a






半ば呆然としながら、鼻にチューブをさし、
スコースコーと吸い続ける哀れな女。



ちょっと目、うつろだった。




ちょっと心、虚無だった。




ちょっと、何か壊れた気がした・・・。





医者には「鼻が詰まっている」と診断されたが、自覚症状の無かった私。

なのに処方箋には、服薬のほかに説明を受けていない鼻スプレーが追加され、
とことん鼻の穴プレイ好きな医者だと思わずにいられないのでした。。。


ちなみに、3年ほどお世話になっていた「エバステル」(抗ヒスタミン剤)は、
都心では結構主流なはずなのに、


医者「いい薬だけど、ウチでは取り扱ってないからねぇ~」




・・・とのこと。




そうなの?
院外処方なのに??
とりあつかってない薬なんてあるの???





も、どうでもいいけどね・・・(;= =)トオイメ...





余談:
 今までくしゃみだけで、自覚症状の無かった鼻が、
 急にハナミズがほとばしるようになってしまいました。
 今は、滝状態ですー。治療受けたのに何故ー?!








cross_03.gif
osusume1-c.gifオムロン製吸入器

 喉や鼻の潤い補給に良いらしい。
 花粉症にも効果的。

 


 ポケットサイズの携帯用も。

 




TWITTER
スポンサーサイト
00:00  |  カテゴリ未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jukuco.blog52.fc2.com/tb.php/395-8e7cd8bf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。