05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.06.07 (Sat)

少女時代の女王様の死

今朝、新聞で知ったのですが、
氷室冴子氏がお亡くなりになりました。


51歳という若さでの、肺がん死。



平安朝をモチーフとしたシリーズが大好きで、
「なんて素敵にジャパネスク」「ざ・ちぇんじ」は、
今でも手元にあります。





【小説】なんて素敵にジャパネスク



こちらは新装版。
挿絵画家が変わったもの。

私が持っているのはもちろん旧版。
峯村良子さんの素敵な挿絵が大好きでした~



一番印象に残っていて、大笑いして、大好きだったシーン。
第1巻で、瑠璃姫が知らぬ間にお見合いの席に出され、
幼馴染の高彬に助けてもらうシーンで、発したこと言葉。



「そうよ!本当よ!あたし達はぶっちぎりの仲よっっ!!」

(記憶の中より抜粋。多少言い回しは違うかも・・・;)



「契りの仲」「ぶっちぎり」って・・・。


そんな瑠璃姫が大好きです。
最初はおぼっちゃまだった高彬の成長も、良かったわぁ~~




【漫画】なんて素敵にジャパネスク (1-11巻 全巻)


実は読んだことがない漫画版。
「ざ・ちぇんじ」は持っているのですが。

あまりに峯村良子さんの瑠璃姫の絵が好きで、
イメージを壊されたくなかったの・・・



【漫画版】ざ・ちぇんじ



こちらの小説版は楽天ブックスでも品切れ。
新装版は出ていないのかな?

ジャパネスクの習作というだけあって、
原作ありの、ちょっぴり固い文体ですが、
やっぱり面白いです。

大学に入ってから、原作の「とりかえばや物語」を読んでびっくり。
氷室版では綺羅中将は宰相中将とキスまでですが・・・
原作では、行く所まで行って子供までできてしまい、愛人関係に。。。

氷室版だけ読んでりゃ良かったと、少々後悔した作品でもありました。
(乙女だった熟子・・・)








今、実家にいますので実家においてきた漫画や小説を再読する日々
ヒマなんですな。




なのに!







なのにぃ!!!








氷室冴子氏を偲んで、突如として読みたくなった平安シリーズ。












残念ながら、広島の自宅にアリマス(w









あ~う~~













氷室冴子氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。



TWITTER
スポンサーサイト
00:00  |  熟女の読書道  |  Trackback(0)  |  Comment(16)

Comment

Re:少女時代の女王様の死(06/07)

私も昨日知ってショックでした

大好きでした!

続きを楽しみにしているシリーズもあったのに

もう一生読めないんですねぇ・・・

悲しい・・・・

ちなみに山内直実がマンガ化したには全部持ってます♪

あ、違う持っていただ・・・(過去形)

また読みたいなぁ・・・

雑居時代とかも面白いんですよ。



といかえばや物語ってそういう話にまで発展しちゃうんですか?!

あー私の綺羅(!)がぁ~
天使のつばさ |  2008.06.07(土) 22:09 | URL |  【編集】

Re:少女時代の女王様の死(06/07)

ブログへのコメントありがとうございました。

確かに、下敷きとなった「とりかえばや物語」は「ざ・ちぇんじ」のイメージからいくとショッキングでしたね。

従姉妹が「読むんじゃなかった」と言っていたのを覚えています。

私も山内直美の漫画版は全部持ってますよ(というか、漫画版から入った)。

そして、小説の新装版が出ていたことは知りませんでした(汗)。

Teny |  2008.06.07(土) 22:30 | URL |  【編集】

天使のつばささん

>続きを楽しみにしているシリーズもあったのに

>もう一生読めないんですねぇ・・・



そう思うと、やりきれないですよねぇ・・・



>ちなみに山内直実がマンガ化したには全部持ってます♪

>あ、違う持っていただ・・・(過去形)



「ざ・ちぇんじ」だけ持ってます。

古本屋で1冊50円でした。



>雑居時代とかも面白いんですよ。



持っていましたよー。

でも、なぜか現代モノってはまれなくて。



ブランド志向のおぼっちゃまが面白かった記憶があります。



>といかえばや物語ってそういう話にまで発展しちゃうんですか?!

>あー私の綺羅(!)がぁ~



原作はあまり読まないほうが良いかも(w

全然キャラ違います。

男装の綺羅中将は妹だし。

宰相中将の子供を産んで彼の元から姿を消し、帝にこっそり嫁ぐんですよぅ。。。



平安朝文学としてマイナーなのは、どこか俗っぽく三流的なところが、源氏物語などに及ばないからかもしれません。
熟子 |  2008.06.08(日) 09:19 | URL |  【編集】

Tenyさん

>確かに、下敷きとなった「とりかえばや物語」は「ざ・ちぇんじ」のイメージからいくとショッキングでしたね。



そうですね~

キャラが随分と違っていて・・・



>私も山内直美の漫画版は全部持ってますよ(というか、漫画版から入った)。



ああ、私は小説から入ったので、

勝手に自分のなかで峯村良子キャラを作り上げていました(w



なので、漫画版には親しめず・・・

きれいな絵なんですけどねぇ。



>そして、小説の新装版が出ていたことは知りませんでした(汗)。



つい最近出たように記憶しています。

新装版でまた、少女達に火がついて読み継がれているようです。

とてもうれしいことですよねぇ。
熟子 |  2008.06.08(日) 09:22 | URL |  【編集】

Re:少女時代の女王様の死(06/07)

アクセス&書き込みありがとうございました。



男ながらコバルトにハマッていたということで、なかなか話に加わりにくいですが、実は当時…もう20年以上前になりますか…自分の周りには男のくせにコバルトを読んでいた仲間がたくさんいましたよ。

それだけに突然の死は大変ショックでした。

ちなみに自分も漫画版は読んでいません。挿絵のイメージが崩れるというのが理由でしたが、さすがに男が少女マンガを買うというのにも抵抗あったし(笑)。

最初にインプットされたイメージというのは、なかなか消せないですしね。



こころより、ご冥福をお祈りいたします。

おやぢさま |  2008.06.08(日) 11:52 | URL |  【編集】

ご訪問ありがとうございました!!

私も当時大好きでむさぼるように読んだのが思い出されました。

「ざ・ちぇんじ」は「とりかえばや~」にも手を出したのですが、あまりに思う展開と違って途中で断念下覚えが(あはは)

やはり氷室版のがすっきり面白いですよね(^^)



でも本当たくさんの功績を残された作家さんでした。

ご冥福心よりお祈り申し上げます。
なぎさ美緒 |  2008.06.08(日) 15:36 | URL |  【編集】

Re:少女時代の女王様の死(06/07)

はじめまして。

ご実家は広島でいらっしゃるのですね!

メッセージとトラックバックを有難うございました。

私もトラックバックをお返し致しましたので、どうぞよろしくお願い致します。



余りに早いご逝去を悼み、謹んでご冥福をお祈り致します。

りうりう* |  2008.06.08(日) 15:43 | URL |  【編集】

トラバありがとうございました。

本当に早すぎる死にびっくりです。

素敵な物語をありがとうと言いたいです。
高知県の果物大好き!小夏 |  2008.06.08(日) 22:10 | URL |  【編集】

知らなかった!

熟子さんのこのブログで、初めて知ってびっくりしました!そうだったんですか・・・。

確かに少女時代の女王様でした。

シンデレラ迷宮とか、好きだったなぁ。

懐かしくなりました。
4号 |  2008.06.08(日) 22:17 | URL |  【編集】

Re:少女時代の女王様の死(06/07)

私もネットのニューストピックスで見て

「えぇー!」と大声を上げ相方に不審な目で見られました。

ウチにも「なんて素敵にジャパネスク」と「ざ・ちぇんじ」はございますよ。

時々無性に読みたくなるんですよねぇ。

こういう方がお亡くなりになるとなんとも

時間の流れの速さを痛感します・・・。
yona |  2008.06.09(月) 09:23 | URL |  【編集】

おやぢさまさん

>アクセス&書き込みありがとうございました。



こちらこそ、わざわざカキコしていただき、ありがとうございました。

男性にも氷室ファンがいたのが、ちょっぴり不思議であり、うれしかったです。



>男ながらコバルトにハマッていたということで、なかなか話に加わりにくいですが、実は当時…もう20年以上前になりますか…自分の周りには男のくせにコバルトを読んでいた仲間がたくさんいましたよ。



凄いですね!!私の周りには流石に・・・いませんでした。

面白いので、男女問わず読んでもらいたいですね。



>それだけに突然の死は大変ショックでした。

>ちなみに自分も漫画版は読んでいません。挿絵のイメージが崩れるというのが理由でしたが、さすがに男が少女マンガを買うというのにも抵抗あったし(笑)。



マンガ化にありがちな、NEWキャラやアナザーストーリーやショートカットはなく、原作に忠実でしたから、イメージだけの問題だとは思いましたが・・・やっぱり自分の脳内イメージって大切(w



マンガも白泉社ですしね・・・いまならネットで購入なぞできますが、20年前ではちょっと躊躇してしまいますよね。

熟子 |  2008.06.09(月) 09:59 | URL |  【編集】

なぎさ美緒さん

>「ざ・ちぇんじ」は「とりかえばや~」にも手を出したのですが、あまりに思う展開と違って途中で断念下覚えが(あはは)



最後まで読むの、たしかに辛いですよね~

源氏物語等に及ばない理由が分かります(W



>やはり氷室版のがすっきり面白いですよね(^^)



キャラがたっていますしね。

綺羅中将のカマトトぶりが乙女にはぴったりかも。

・・・いまの少女達には物足りないかしら?



>でも本当たくさんの功績を残された作家さんでした。



本当に、氷室先生には素晴らしい時を与えてくれて感謝しております。

熟子 |  2008.06.09(月) 10:21 | URL |  【編集】

りうりう*さん

>はじめまして。



はじめまして~

カキコありがとうございます♪



>ご実家は広島でいらっしゃるのですね!



あ、実家は神奈川で、現在広島在住なんです。(^^;)



>私もトラックバックをお返し致しましたので、どうぞよろしくお願い致します。



わざわざすみません~



>余りに早いご逝去を悼み、謹んでご冥福をお祈り致します。



安らかに眠られることを心よりお祈り申し上げます。
熟子 |  2008.06.09(月) 10:23 | URL |  【編集】

高知県の果物大好き!小夏さん

>本当に早すぎる死にびっくりです。

>素敵な物語をありがとうと言いたいです。



カキコありがとうございます!!

51歳・・・ まだまだ活躍していただきたかったです。。。

熟子 |  2008.06.09(月) 10:23 | URL |  【編集】

4号さん

>熟子さんのこのブログで、初めて知ってびっくりしました!そうだったんですか・・・。



ショックですねぇ。

肺がんで、長く療養なさっていたようで。

新聞を読むまで、全然知りませんでした。



>確かに少女時代の女王様でした。

>シンデレラ迷宮とか、好きだったなぁ。



懐かしいですなぁ~。

現代モノも読んだはずなのですが、なぜか手元にありません。

あるのは平安シリーズのみ。



読んでいない作品もあるようなので、図書館で調べてみたいですね。

熟子 |  2008.06.09(月) 10:25 | URL |  【編集】

yonaさん

>私もネットのニューストピックスで見て

>「えぇー!」と大声を上げ相方に不審な目で見られました。



わかりますー!

私も新聞で「えー!」ですよぅ。



>ウチにも「なんて素敵にジャパネスク」と「ざ・ちぇんじ」はございますよ。



おおぅ!同志ですね!!

あの作品は名作であります。



>時々無性に読みたくなるんですよねぇ。



広島に引っ越してから読んでいない気が・・・

なぜ、こういう時に手元に無いのか、悔しくて溜まりませんわ。



>こういう方がお亡くなりになるとなんとも

>時間の流れの速さを痛感します・・・。



発刊されたのが、もう20年も前。

読んでいたのは・・・1×年前。



・・・早いです。





そういえば、平安シリーズを読んで国文科で古典を学びたいと思い、いつか氷室先生のような作品を書きたい・・・なんて思っていたときもあったなー・・・なんて思い出したりして。



パクリじゃんか(w
熟子 |  2008.06.09(月) 10:28 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jukuco.blog52.fc2.com/tb.php/293-e7e836ae

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。