07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.03.15 (Sat)

広島弁の姫

先日、ニュースで、過疎地域の思わぬ医療の問題が取り上げられていた。





方言が通じない。




津軽のとある地方。
過疎化に伴い、老人の多い地域に、
県外から医者が派遣された。



が。



若い世代はともかく、老人の言葉の難解さに、
医師の問診に障害が発生しているとのコト。



私が聞いても、外国語のような言葉と独特のイントネーションで、
コレは・・・確かに聞くのは難しいかも、と思った。



そういうエリアは日本において少なくないらしく、
現在、医療現場を中心とした「方言データベース」が作成されているらしい。






キャスターが、無難なコメントを評した後、
フリップを使って、「このような例があります」と説明しだした。




フリップには、




1段目:標準語
2段目:津軽弁







3段目:広島弁






えー?!ビックリ顔文字







津軽の次に、広島弁?!
ちょっとびっくりした。


広島ローカルテレビの番組だったかしら・・・?
いやいや、広島ローカルなら、わざわざ自分たちの地域の言葉を
貶めたりは・・・しないはず・・・??




例に挙げられていたのは




【標準語】気持ちが悪い
【広島弁】きみずがあがる





きみず・・・?









ネットで調べると、「きみず=黄み水=胃液」なんですって。
胃液が上がってくる、つまり吐き気がする、よって、キモチワルイということか。
中国エリアのお年寄りが使う言葉らしいです。




うーん、これから、ツワリの時に活用しよう。
医者に切実に訴えてみる(笑)




「きみずがあがっとるけん!!」



・・・って違うか。








ネットってすぐ調べられて便利~♪

↓言葉の検索ができるステキなサイト
道浦俊彦の平成言葉事情









最近、NHKの大河ドラマ「篤姫」を見ている。
(大奥で見てハマったので、ちょっと天璋院ブーム)






それを見ていて思うのじゃ












広島弁って、
江戸時代の殿様&姫様言葉
・・・に似てる!



ガクブル







たとえば。







姫「わらわはもう沢山なのじゃ!」←広島弁だっ!




殿「そうじゃのう・・・」←広島弁だっ!




時代劇のお姫様って、やたら語尾が「じゃ」
広島弁は「じゃけん」と思っている人が多いが、
「じゃ」で止まることがほとんどだ。(呉だけかな)




ま、もっとも、イントネーションが全然違うのですが。



もう少し、のんび~りした感じで発音します。


あ、でもさ、時代劇の言葉ってどことなく標準語的だから。
本当はどうかわからないなじゃない?(強引な論理)






もしかして、以前書いた広島弁の記事。
2007年10月10日の日記【マジ大儀ィでござった。 】
「大儀ぃ」という時代劇がかった言葉も、
江戸時代の「大儀であった」と遠くない縁があるのかもしれない。






広島弁って時代劇の言葉がそのまま残っているのかもしれない
なんて、大胆な仮説を唱えてみたりして。




どうじゃ?皆の衆。










武士語に変換できちゃうサイト?

もんじろう

他にも、津軽弁などへの方言への変換も!

・・・広島弁はないんじゃね・・・?














cross_04.gif

熟子のもう一つのブログもヨロシク!おねがい顔文字

こちらも更新☆
バナー.gif2008.3.14up
  * 医療ネタに切り込む!!






TWITTER
スポンサーサイト
20:32  |  布ナプキン  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

Re:広島弁の姫(03/15)

「マジたいぎぃ」・・・素晴らしい!

現代と江戸の素晴らしき融合じゃ。



しかし、広島弁って難しかったのですね。

津軽弁は・・・すごすぎですが(笑)

私は兵庫出身で夫は京都出身なのですが、隣の県にも関わらず時々通じません。京都弁も??の部分が結構あります。
ぺんちゃん* |  2008.03.15(土) 14:37 | URL |  【編集】

ぺんちゃん*さん

>「マジたいぎぃ」・・・素晴らしい!

>現代と江戸の素晴らしき融合じゃ。



現代に息づく、武士言葉なのじゃ。

中学生が使っていたぞよ。



>しかし、広島弁って難しかったのですね。



聞く分にはそうでもないんですよ~

基本的にゆっくりしゃべってくれるので。

時折【意味合い】にズレがありますけど。



>津軽弁は・・・すごすぎですが(笑)



宮城県の気仙沼や、鹿児島の方言は、

もはや外国語の域です。



東北旅行が、言葉で一番大変だった覚えがあります。



>私は兵庫出身で夫は京都出身なのですが、隣の県にも関わらず時々通じません。京都弁も??の部分が結構あります。



そうなんですか?

私は両親が京都で、親戚縁者は滋賀・岡山に分散していますが、どれも同じに聞こえます・・・。

親戚だから、通じ合っていたのかしら。
熟子 |  2008.03.15(土) 20:34 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jukuco.blog52.fc2.com/tb.php/226-d674407c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。