08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.09.09 (Wed)

09-09-09

ああ、過ぎちゃった。

 

昨日になってしまったけど、

9並びの日だったんですね~~(*´д`*)

 

 

フトこの数字を見ていたら、突然鮮やかに思い出した。

 

 

平成9年9月9日に私がドコにいたか。

 

 

 

それは・・・

 

 

 

 

 

 

 

恐山

 

 

 

 

大学生でした。

夏休みを利用して、友人たちと東北をぐるりと旅行。

本州最北端の駅から恐山に行きました。

 

思いっきり、オフシーズンだった。

 

イタコは、いなかった。

 

 

突き抜けた青い空と、不気味すぎる青い湖と、風車と石だけの静謐な空間。

 

 

懐かしい。

あんな旅行は、 もうしばらくできない。

 

 

お金はなかったし、とっても大変な思いをしたけど、

学生時代の旅行って、いつまでもキラキラ心に残るんだ、と思う。

 

(モチロン、お金を持つようになった海外旅行も、それはそれでステキ)

 

 

 下北半島の最北端の駅は、小学校の教科書に載っていたジョーン・エイキンの

「三人の旅人たち」という小説のような駅だった。

 (この小説も大好き)

 

 

この本読んだ?おぼえてる?2

(教科書で習ったお話編)

 

駅員、3人もいなかったけど・・・(w

 

駅の中には、駅員さんが作ったハーブガーデンがあり、花が咲き、

待合室では地元のおばあさんたちが談笑し、駅にはセルフサービスのお茶があった。

 

 

駅員さんと少し話をして、写真を撮ってもらい・・・

 

 

切符をラミネートしてもらった。

 

 

9が3つ並んだ、スリーナインの切符。

きっと、どこかに仕舞ってあるんだろうな。

 

あの時、ステキなサービスに感動して、

 

「とても良い記念になりました」

 

と駅員さんにお礼を言ったけど、モノが手元になくなっても、

こうしていつまでも心の中のキラキラとして生き続けてる。

 

 

 

 

 

 

 

余談。

青森では不思議なことが2つ起こりました。

 

一つめは、同じ大学の別のグループの友人たちと偶然に青森の商店街で出くわしたこと。

同じ方面に旅行しているとは聞いていたけど、正面から歩いてきて出会うとは思わなかった。

 

二つめは、 恐山のバス停の待合室にあったノート。

来訪者がメッセージを書き残していくのだが、私と同姓同名の大学生の記載があってビックリ。

筑波大の方でした。

 

 

不思議なところだったなぁ。青森。




TWITTER
スポンサーサイト
00:00  |  カテゴリ未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

2009.09.09 (Wed)

09-09-09

ああ、過ぎちゃった。

 

昨日になってしまったけど、

9並びの日だったんですね~~(*´д`*)

 

 

フトこの数字を見ていたら、突然鮮やかに思い出した。

 

 

平成9年9月9日に私がドコにいたか。

 

 

 

それは・・・

 

 

 

 

 

 

 

恐山

 

 

 

 

大学生でした。

夏休みを利用して、友人たちと東北をぐるりと旅行。

本州最北端の駅から恐山に行きました。

 

思いっきり、オフシーズンだった。

 

イタコは、いなかった。

 

 

突き抜けた青い空と、不気味すぎる青い湖と、風車と石だけの静謐な空間。

 

 

懐かしい。

あんな旅行は、 もうしばらくできない。

 

 

お金はなかったし、とっても大変な思いをしたけど、

学生時代の旅行って、いつまでもキラキラ心に残るんだ、と思う。

 

(モチロン、お金を持つようになった海外旅行も、それはそれでステキ)

 

 

 下北半島の最北端の駅は、小学校の教科書に載っていたジョーン・エイキンの

「三人の旅人たち」という小説のような駅だった。

 (この小説も大好き)

 

 

この本読んだ?おぼえてる?2

(教科書で習ったお話編)

 

駅員、3人もいなかったけど・・・(w

 

駅の中には、駅員さんが作ったハーブガーデンがあり、花が咲き、

待合室では地元のおばあさんたちが談笑し、駅にはセルフサービスのお茶があった。

 

 

駅員さんと少し話をして、写真を撮ってもらい・・・

 

 

切符をラミネートしてもらった。

 

 

9が3つ並んだ、スリーナインの切符。

きっと、どこかに仕舞ってあるんだろうな。

 

あの時、ステキなサービスに感動して、

 

「とても良い記念になりました」

 

と駅員さんにお礼を言ったけど、モノが手元になくなっても、

こうしていつまでも心の中のキラキラとして生き続けてる。

 

 

 

 

 

 

 

余談。

青森では不思議なことが2つ起こりました。

 

一つめは、同じ大学の別のグループの友人たちと偶然に青森の商店街で出くわしたこと。

同じ方面に旅行しているとは聞いていたけど、正面から歩いてきて出会うとは思わなかった。

 

二つめは、 恐山のバス停の待合室にあったノート。

来訪者がメッセージを書き残していくのだが、私と同姓同名の大学生の記載があってビックリ。

筑波大の方でした。

 

 

不思議なところだったなぁ。青森。




TWITTER
00:00  |  カテゴリ未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

2009.09.05 (Sat)

楽天ブックスに気をつけろ!

また、やられました・・・楽天ブックス。

 

 


2009.7.5

楽天ブックスにしてやられる

 

 

 

商品を購入して、すぐに間違いに気づき、キャンセルしようとした。
前回はキャンセル時間の2時間を過ぎてしまったが、今回は直後


たしか、購入履歴からキャンセルできるのよね~・・・と。



購入履歴にないよ!(゚Д゚)




購入履歴って購入直後には反映されず、

10分くらいしないと反映されないそうです・・・。


10分、リロードしまくり・・・
表示されたところで、商品詳細画面に。
ここにキャンセルボタンが・・・



キャンセルボタンがないよ!!!(゚Д゚)

 

 

 

ヘルプを見ると、

 

キャンセルが可能な期間は、ご注文後、【最大2時間~0分】
 
 
0分て、ナニ~?!!(゚Д゚;)
 
 
 
 
 
つーか、履歴に表示されるまで10分程度かかるってことは、
0~10分のキャンセルタイムって・・・
 
 
実質 キャンセルできない ってことじゃん!(゚Д゚;)
 
 
 
頭にきましたよ!
キャンセルできないなら、キャンセルできないって書けよ!
そもそも、 【最大2時間~0分】って実にあいまいな書き方。

 

もしかして、本当はどんな注文もキャンセルできない仕組みなんじゃ・・・(--*)

 

 

 


ヘルプから奥に入って入って入りまくって、

ようやく問い合わせフォームを見つけてメール。

(そもそも、キャンセル方法もヘルプからわかりにくい)

 

念のため、画面もキャプチャしておきました。

 

この間、時間半作業。

 

 

 

で、翌日11時半にご返信が来ました。

 

 

ご案内 (藤田) - 2009年09月05日 11:08


日頃よりご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
楽天ブックス 藤田 でございます。

この度は、お客様にお手数をおかけし
誠に申し訳ございません。

お客様ご自身でキャンセルが可能な期間は、ご注文後、【最大2時間~0
分】となっております。

‐お客様がご注文時、「この内容で注文する」ボタンの押下後、ご注文
 のデータが楽天ブックスに取り込まれるまでの期間となっております。

‐お客様のご注文のタイミング、楽天ブックスのサイト運営状況により、
 キャンセル可能な時間帯に幅がございます。

‐キャンセル期限の経過後は、ご注文のキャンセルはお受けできません。
 ご了承ください。


※キャンセル可能時間のご案内につきましては、以下URLのヘルプペー
 ジにて「キャンセル」内の[購入履歴からの注文情報変更・キャンセ
 ル可能一定期間]でご覧になれます。

この度ご依頼いただいたご注文につきましては、すでに商品確保済みに
より、本日または明日の発送予定となっておりますので、キャンセルを
承ることができかねる状況となっております。

ご依頼をいただいたにもかかわらず、ご希望にそえぬご案内となり誠に
申し訳ございません。

大変恐縮ではございますが、ご注文商品をお納めいただきたく存じ上げ
ますので、何とぞご了承いただけますよう、心よりお願い申し上げます。
 

皆様にとってよりよいサービスをご提供できるよう努めてまいります。
今後とも楽天ブックスをよろしくお願い申し上げます。

 

 

慇懃無礼とはこのことなんでしょうか。

私の質問に、ちゃんと答えられてない。

 

夜中の1時過ぎに確保もヘッタクレもあったもんじゃない。

(そういうシステムなんだろうけど)

 

詳細が知りたいので、さらにメールを送りました。

(以下、私からのメール)


0分というのは、「キャンセル可能」とはいえません。

キャンセル不可能な商品の場合ならば、事前に商品にその旨を表記すべきです。

 

また、システム反映まで10分かかるうえでの、 キャンセル可能幅が「0分~10分」というのは、

表記上問題があるのではないでしょうか?

お問い合わせのメール自体は、2時間以内にお送りしております。

可能幅がまったくないというのは、

すべての商品において「キャンセル不可能」なかのうせいもあるの

ではないでしょうか。 対応していただけないというのであれば、

今回の件につきまして、 消費者センターに相談させていただきたいと思います。

 

ちょっと強気に。

で、返ってきたメールがこちら。

 

ご連絡いただきまして、誠にありがとうございます。
楽天ブックス 藤田 でございます。

この度は、お客様にご迷惑をおかけし
誠に申し訳ございません。

大変恐縮に存じますが、
楽天ブックスではご利用規約にもご案内の通り
キャンセル可能な一定期間を越えますと、
キャンセルを承ることが、出来かねている旨をご案内しておりました。

度重なる失礼な返答となり、心よりお詫び申し上げます。

この度のご依頼
につきましては、以下の内容にご了承いただける場合は、キャンセルを
承らせていただきたく存じます。

‐返送費のご負担

‐商品代金(税込)のみのご返金

‐商品パッケージが未開封の状態

ご了承いただける際は、返送先・返金についてのご案内をいたしますの
で、当メール宛へのご連絡をお願い申し上げます。


ご返信お待ち申し上げます。

 

 


連絡しましたよ(`´メ)

消費生活センターに。

 

日中ヒマな主婦だし。

(実はヒマじゃない。赤ん坊が泣き叫んで大変だった。別室に隔離して電話。←ヒドイ)

 

 

で、消費生活センターの方から、楽天ブックスに申し入れしてもらうことになりました。

苦情というよりは、改善要求を。

 

 

クレジットカードで決済した場合、キャンセルは難しいらしいので。

(キャンセル理由は、決済方法を変えたかったのだけど)

 

 

センターの方によれば、

 

・クーリングオフは適用外

・通販では、キャンセルが不可能な場合もある

・ネットショッピングにおいては、キャンセルの法的な決まりがない

 

とのことでした。

 

おりしも、先週の日経新聞の日曜版で、

ネットショッピングや通販におけるキャンセル等の記事を読んだばかりだったので、

少しは知識があったからオーバーヒートしなかったけど・・・(w

 

 

ネットが発達しているのに、法整備が間に合ってない現実。

これが日本の社会の現実なんですねぇ。

いくら技術革新しても、トップがついてこれてない。

(そりゃ、トップはお年寄りが多いから^^;)

やったもんがち、やりたい放題、消費者の権利が一向に守られてない無法地帯。

怖いですねぇ。。。ネットって。。。

 

 

 

話を戻して。

センターの方に諭されたのは、

「対面販売ではないネットショッピングでは、今回のようなケースに法的に立ち入れないので、購入する際に在庫やキャンセルにかかる時間を事前に聞いたほうがいい」

 

とのことでした。

便利さの裏に隠れた、盲点ですね~。

特に楽天ブックスは注意です。

 

大手だと思って安心していると痛い目見るぜ!

 

 

 

 

それにしても、楽天ショップは良い担当者が多いんだけどなぁ。

返品や変更に快く応じてくれたところも多かった。

楽天ショップが、ちゃんとしているからだと思ったいたけど、

それはショップ各自の努力の上で成り立っていたんだなぁ。

―ありがたいことです。

 

楽天ブックスさんも、楽天直下、楽天の冠をかぶる以上、

高い金出させて出店させてる人たちに

負けないでいただきたいと思います。

 

 

コトの顛末ですが。

 

 

結局、ほしい商品だったので購入することにしました。

(でも、商品にはケチがついたな・・・ベビーにプレゼントする絵本だったのに)

 

キャンセルの取り消しメールのついでに、

システムの改善要求を書いておいたけど・・・きっと読み棄てされるんだろうなぁ。

 

 

 

 

 

キャンセルタイム0分かぁ・・・_| ̄|○ がくっ

 

 

皆様、楽天ブックスはキャンセルできないから、

できたら、買わないほうが良いよ!! (;д;)




TWITTER
00:00  |  熟子の小ネタ劇場  |  Trackback(0)  |  Comment(22)

2009.09.05 (Sat)

楽天ブックスに気をつけろ!

また、やられました・・・楽天ブックス。

 

 


2009.7.5

楽天ブックスにしてやられる

 

 

 

商品を購入して、すぐに間違いに気づき、キャンセルしようとした。
前回はキャンセル時間の2時間を過ぎてしまったが、今回は直後


たしか、購入履歴からキャンセルできるのよね~・・・と。



購入履歴にないよ!(゚Д゚)




購入履歴って購入直後には反映されず、

10分くらいしないと反映されないそうです・・・。


10分、リロードしまくり・・・
表示されたところで、商品詳細画面に。
ここにキャンセルボタンが・・・



キャンセルボタンがないよ!!!(゚Д゚)

 

 

 

ヘルプを見ると、

 

キャンセルが可能な期間は、ご注文後、【最大2時間~0分】
 
 
0分て、ナニ~?!!(゚Д゚;)
 
 
 
 
 
つーか、履歴に表示されるまで10分程度かかるってことは、
0~10分のキャンセルタイムって・・・
 
 
実質 キャンセルできない ってことじゃん!(゚Д゚;)
 
 
 
頭にきましたよ!
キャンセルできないなら、キャンセルできないって書けよ!
そもそも、 【最大2時間~0分】って実にあいまいな書き方。

 

もしかして、本当はどんな注文もキャンセルできない仕組みなんじゃ・・・(--*)

 

 

 


ヘルプから奥に入って入って入りまくって、

ようやく問い合わせフォームを見つけてメール。

(そもそも、キャンセル方法もヘルプからわかりにくい)

 

念のため、画面もキャプチャしておきました。

 

この間、時間半作業。

 

 

 

で、翌日11時半にご返信が来ました。

 

 

ご案内 (藤田) - 2009年09月05日 11:08


日頃よりご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
楽天ブックス 藤田 でございます。

この度は、お客様にお手数をおかけし
誠に申し訳ございません。

お客様ご自身でキャンセルが可能な期間は、ご注文後、【最大2時間~0
分】となっております。

‐お客様がご注文時、「この内容で注文する」ボタンの押下後、ご注文
 のデータが楽天ブックスに取り込まれるまでの期間となっております。

‐お客様のご注文のタイミング、楽天ブックスのサイト運営状況により、
 キャンセル可能な時間帯に幅がございます。

‐キャンセル期限の経過後は、ご注文のキャンセルはお受けできません。
 ご了承ください。


※キャンセル可能時間のご案内につきましては、以下URLのヘルプペー
 ジにて「キャンセル」内の[購入履歴からの注文情報変更・キャンセ
 ル可能一定期間]でご覧になれます。

この度ご依頼いただいたご注文につきましては、すでに商品確保済みに
より、本日または明日の発送予定となっておりますので、キャンセルを
承ることができかねる状況となっております。

ご依頼をいただいたにもかかわらず、ご希望にそえぬご案内となり誠に
申し訳ございません。

大変恐縮ではございますが、ご注文商品をお納めいただきたく存じ上げ
ますので、何とぞご了承いただけますよう、心よりお願い申し上げます。
 

皆様にとってよりよいサービスをご提供できるよう努めてまいります。
今後とも楽天ブックスをよろしくお願い申し上げます。

 

 

慇懃無礼とはこのことなんでしょうか。

私の質問に、ちゃんと答えられてない。

 

夜中の1時過ぎに確保もヘッタクレもあったもんじゃない。

(そういうシステムなんだろうけど)

 

詳細が知りたいので、さらにメールを送りました。

(以下、私からのメール)


0分というのは、「キャンセル可能」とはいえません。

キャンセル不可能な商品の場合ならば、事前に商品にその旨を表記すべきです。

 

また、システム反映まで10分かかるうえでの、 キャンセル可能幅が「0分~10分」というのは、

表記上問題があるのではないでしょうか?

お問い合わせのメール自体は、2時間以内にお送りしております。

可能幅がまったくないというのは、

すべての商品において「キャンセル不可能」なかのうせいもあるの

ではないでしょうか。 対応していただけないというのであれば、

今回の件につきまして、 消費者センターに相談させていただきたいと思います。

 

ちょっと強気に。

で、返ってきたメールがこちら。

 

ご連絡いただきまして、誠にありがとうございます。
楽天ブックス 藤田 でございます。

この度は、お客様にご迷惑をおかけし
誠に申し訳ございません。

大変恐縮に存じますが、
楽天ブックスではご利用規約にもご案内の通り
キャンセル可能な一定期間を越えますと、
キャンセルを承ることが、出来かねている旨をご案内しておりました。

度重なる失礼な返答となり、心よりお詫び申し上げます。

この度のご依頼
につきましては、以下の内容にご了承いただける場合は、キャンセルを
承らせていただきたく存じます。

‐返送費のご負担

‐商品代金(税込)のみのご返金

‐商品パッケージが未開封の状態

ご了承いただける際は、返送先・返金についてのご案内をいたしますの
で、当メール宛へのご連絡をお願い申し上げます。


ご返信お待ち申し上げます。

 

 


連絡しましたよ(`´メ)

消費生活センターに。

 

日中ヒマな主婦だし。

(実はヒマじゃない。赤ん坊が泣き叫んで大変だった。別室に隔離して電話。←ヒドイ)

 

 

で、消費生活センターの方から、楽天ブックスに申し入れしてもらうことになりました。

苦情というよりは、改善要求を。

 

 

クレジットカードで決済した場合、キャンセルは難しいらしいので。

(キャンセル理由は、決済方法を変えたかったのだけど)

 

 

センターの方によれば、

 

・クーリングオフは適用外

・通販では、キャンセルが不可能な場合もある

・ネットショッピングにおいては、キャンセルの法的な決まりがない

 

とのことでした。

 

おりしも、先週の日経新聞の日曜版で、

ネットショッピングや通販におけるキャンセル等の記事を読んだばかりだったので、

少しは知識があったからオーバーヒートしなかったけど・・・(w

 

 

ネットが発達しているのに、法整備が間に合ってない現実。

これが日本の社会の現実なんですねぇ。

いくら技術革新しても、トップがついてこれてない。

(そりゃ、トップはお年寄りが多いから^^;)

やったもんがち、やりたい放題、消費者の権利が一向に守られてない無法地帯。

怖いですねぇ。。。ネットって。。。

 

 

 

話を戻して。

センターの方に諭されたのは、

「対面販売ではないネットショッピングでは、今回のようなケースに法的に立ち入れないので、購入する際に在庫やキャンセルにかかる時間を事前に聞いたほうがいい」

 

とのことでした。

便利さの裏に隠れた、盲点ですね~。

特に楽天ブックスは注意です。

 

大手だと思って安心していると痛い目見るぜ!

 

 

 

 

それにしても、楽天ショップは良い担当者が多いんだけどなぁ。

返品や変更に快く応じてくれたところも多かった。

楽天ショップが、ちゃんとしているからだと思ったいたけど、

それはショップ各自の努力の上で成り立っていたんだなぁ。

―ありがたいことです。

 

楽天ブックスさんも、楽天直下、楽天の冠をかぶる以上、

高い金出させて出店させてる人たちに

負けないでいただきたいと思います。

 

 

コトの顛末ですが。

 

 

結局、ほしい商品だったので購入することにしました。

(でも、商品にはケチがついたな・・・ベビーにプレゼントする絵本だったのに)

 

キャンセルの取り消しメールのついでに、

システムの改善要求を書いておいたけど・・・きっと読み棄てされるんだろうなぁ。

 

 

 

 

 

キャンセルタイム0分かぁ・・・_| ̄|○ がくっ

 

 

皆様、楽天ブックスはキャンセルできないから、

できたら、買わないほうが良いよ!! (;д;)




TWITTER
00:00  |  熟子の小ネタ劇場  |  Trackback(0)  |  Comment(22)

2009.09.02 (Wed)

オンナを卒業して、ハハになります。

広島時代に、主婦に聞いた目からウロコのストレス解消法。



  1. ダンボールを用意する

  2. 衣類等の入らないものを入れていく。

  3. ムカつくことがある。

  4. ダンボールごと、どんどん捨てる。





部屋も片付き、物も減り、捨てることでストレス解消!
なんて、賢いのでしょう。




タンスを買いまして、これを機に衣類を整理することにしました。




―捨てられねぇ・・・。




自他共に認める捨てられない女。
解体したタンスのパーツでさえ、捨てられずにまだ残っている。
(何かに使えるかと思って)


衣類って捨てにくい。
流行もあるけど、サイズもあるけど。
お気に入りのものはとにかく捨てにくい。


しばらく使わなさそうなスーツ等は捨てたが、
OL時代の服(コンサバ)の服は使わないのに・・・やっぱ捨てられないよなぁ。
いつ着るんだろ、コレ。

最近の服は、もっぱら「座りやすい、うごきやすい」。
セクシーは不要。




で、捨てやすいものを捨てることにした。



ザ・勝負下着。






勝負下着自体、2回しか使えないって言いますよねー。
・・・同じ相手に。

結婚した以上、子供ができた以上、
しばらくは同じ相手に勝負を挑むことになるわけで、
となると、勝負下着を寝かせておく意味がない。


また、今後子供の目に触れるのもどーかと思う派手な下着も処分!




ワタクシ、幼い頃に母親の勝負下着を見つけたことありましてね。
(黄色にピンクの花柄のパンツでした・・・)

母は『もらいものだ』とは言っていたけど、ちょっとショックでした。
幼心に。
(実際、同じまっ黄色が2枚あったので3枚セットの勝負パンツの残りをもらったのかもしれない)


思春期時代には、親のセックス事情とかってタブーでしょう?
乃南アサの『風紋』っていう小説で、殺された母の衣類を娘が処分するシーンがあるんですが、
とても生々しくて。


親とは神聖なる存在・・・ではないけどさ。
そういうのは、親にならないと分からないもんだけどさ。




まぁ、そういうワケで。




どかどか捨てました。下着。

なぜかBカップやCカップのブラもしまい込まれてた。
いつかしぼむときのことを考えてとっておいたのだろうか・・・?




ちょっともったいなかった。


高いもんね。勝負下着。
(ニッセンのもありました)


売れるもんなら、売りたかった。
(危険がなければ)


ビックリするほど、たくさんあった。



残ったのは、スポーツブラ、授乳ブラ、透けない色のブラ、黒いブラ、赤いブラ。あわせて10枚程度。
処分したのは、ざっとその2倍。



いやー、よくも貯めたり。
貯金がたまらないと思っていたけど、
こんなもんが溜まっていたんだなぁ。

ブラは1週間にまとめて手洗いする派だけど、
何週間分のストックなのやら。




処分したらスッキリしたけど、
なんだかオンナの一部を失ったような気がした。
もう、あのオンナだけでいられた時代はこないのだなぁ。




で、思ったけど・・・






レディコミはどーするよ!


花衣夢衣&風の輪舞
(ヤフオクでゲット^-^;)



とりあえず本棚の一番上かなぁ(w
心だけは、オンナってコトで。

なんだか、思春期の息子のエロ本的気分・・・





最近のベイビーのシュミは騎乗位。
まさに騎乗しまくりッス。


090902_192654K.jpg
お馬さんパカパカー。
おなかブヨブヨー。
腰、ボロボロー。






TWITTER
00:00  |  カテゴリ未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

2009.09.02 (Wed)

オンナを卒業して、ハハになります。

広島時代に、主婦に聞いた目からウロコのストレス解消法。



  1. ダンボールを用意する

  2. 衣類等の入らないものを入れていく。

  3. ムカつくことがある。

  4. ダンボールごと、どんどん捨てる。





部屋も片付き、物も減り、捨てることでストレス解消!
なんて、賢いのでしょう。




タンスを買いまして、これを機に衣類を整理することにしました。




―捨てられねぇ・・・。




自他共に認める捨てられない女。
解体したタンスのパーツでさえ、捨てられずにまだ残っている。
(何かに使えるかと思って)


衣類って捨てにくい。
流行もあるけど、サイズもあるけど。
お気に入りのものはとにかく捨てにくい。


しばらく使わなさそうなスーツ等は捨てたが、
OL時代の服(コンサバ)の服は使わないのに・・・やっぱ捨てられないよなぁ。
いつ着るんだろ、コレ。

最近の服は、もっぱら「座りやすい、うごきやすい」。
セクシーは不要。




で、捨てやすいものを捨てることにした。



ザ・勝負下着。






勝負下着自体、2回しか使えないって言いますよねー。
・・・同じ相手に。

結婚した以上、子供ができた以上、
しばらくは同じ相手に勝負を挑むことになるわけで、
となると、勝負下着を寝かせておく意味がない。


また、今後子供の目に触れるのもどーかと思う派手な下着も処分!




ワタクシ、幼い頃に母親の勝負下着を見つけたことありましてね。
(黄色にピンクの花柄のパンツでした・・・)

母は『もらいものだ』とは言っていたけど、ちょっとショックでした。
幼心に。
(実際、同じまっ黄色が2枚あったので3枚セットの勝負パンツの残りをもらったのかもしれない)


思春期時代には、親のセックス事情とかってタブーでしょう?
乃南アサの『風紋』っていう小説で、殺された母の衣類を娘が処分するシーンがあるんですが、
とても生々しくて。


親とは神聖なる存在・・・ではないけどさ。
そういうのは、親にならないと分からないもんだけどさ。




まぁ、そういうワケで。




どかどか捨てました。下着。

なぜかBカップやCカップのブラもしまい込まれてた。
いつかしぼむときのことを考えてとっておいたのだろうか・・・?




ちょっともったいなかった。


高いもんね。勝負下着。
(ニッセンのもありました)


売れるもんなら、売りたかった。
(危険がなければ)


ビックリするほど、たくさんあった。



残ったのは、スポーツブラ、授乳ブラ、透けない色のブラ、黒いブラ、赤いブラ。あわせて10枚程度。
処分したのは、ざっとその2倍。



いやー、よくも貯めたり。
貯金がたまらないと思っていたけど、
こんなもんが溜まっていたんだなぁ。

ブラは1週間にまとめて手洗いする派だけど、
何週間分のストックなのやら。




処分したらスッキリしたけど、
なんだかオンナの一部を失ったような気がした。
もう、あのオンナだけでいられた時代はこないのだなぁ。




で、思ったけど・・・






レディコミはどーするよ!


花衣夢衣&風の輪舞
(ヤフオクでゲット^-^;)



とりあえず本棚の一番上かなぁ(w
心だけは、オンナってコトで。

なんだか、思春期の息子のエロ本的気分・・・





最近のベイビーのシュミは騎乗位。
まさに騎乗しまくりッス。


090902_192654K.jpg
お馬さんパカパカー。
おなかブヨブヨー。
腰、ボロボロー。






TWITTER
00:00  |  カテゴリ未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。