10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.08.22 (Sun)

愛するが故の、愛の奴隷。

つくづく、読者というものは、作家にとってドレイだな・・・と思う今日この頃。


それでも、作品を完結させようと、ちゃんと仕事をしてくれる作家はイイ。
完結するのは寂しいけれど、完結しないまま作家がなくなることほど、
読者にとっての裏切りはないと思う。


去年から、愛読していた作家さんがキチンと完結してくれた。
のだめカンタービレ、プライド。




プライド(12)


よもや・・・の結末でしたな・・・。
まさか、シオちゃんとアノ人がくっつくとは・・・。



のだめカンタービレ(23)



・・・って検索したら、コレ・・・


のだめカンタービレ(#24(アンコールオペラ編))


・・・こんなの出ていたなんて!!( ̄∀ ̄;)
23巻で終わりだと思ったよ!!








雑誌ではすでに完結している単行本の発刊も楽しみだ。



鋼の錬金術師(26)


27巻で完結?
アニメはマンガを読むまで我慢してます・・・





やっと、やっと奴隷から解放されて自由の身に・・・!!。゚(゚つД`゚)゚。

↑大げさ



しかし、いまだ奴隷から解放してくれない作家(作品)もあるのだ・・・。




続きが気になるような気にならないような・・・くらい、
放置されて忘れかけている作家。


いっそ、切って捨ててしまいたいクサレ縁。
・・・それでも、見捨てれない自分の愛情の深さが、恨めしく思う今日この頃。


そんな作家さんが9月に新刊を出されるという。
その情報を少し。





【予約】 ゴーストハント(12)

何年待たせるんじゃボケ!!( ̄皿 ̄メ)
展開を知っているだけに、ここまでじらされると、
ホント腹が立つ~~~

ゴーストハント限定版公式サイト

限定版として、ドラマCDがつくらしいですが。
最近「限定版」ってやたら多いですね。
これ以上踊らされるのは我慢ならないので、
限定版は買わない主義です。

・・・そう、でも12巻は買うわよ・・・(ドレイ)

9月30日発売。







そして、またされ続けているといえば、コレ!
コレを語らずにいられるか!!
誰しも、「もったいぶらずにさっさと終わらせろや」と思っている作品。




【予約】 ガラスの仮面(45)

コチラも9月30日発売。



同時にコチラも発売。

【予約】 ガラスの仮面 コミック・ファンブック





もう、余計なもんいらないし!
余計な仕事しないでほしいし!

雑誌の内容に追いついていないばかりか、
単行本化するにあたって、書き直ししているらしいけど、
そんなことしなくて良いし!

新刊が出るたびに、「早く続きかけー!」
と、日本中からかつての少女たちの叫びが聞こえるようです。


・・・そして、バカバカしいと思いつつ買ってしまうのよね。きっと。
もう、何年ドレイしてるんだろ・・・( ̄∀ ̄;)
(アタクシは大学時代に友人から借りたので、ドレイ歴は浅め)


かつて、少女だった読者たちもアラフォーですよ。
北島マヤちゃんもリアルなら、40~50代とかで、
大物女優とかなってんじゃないの?
大御所とか言われて、黒い服着て杖ついていたりしてんじゃないのかな。





8月28日発売。
前もこんな変な時期にでたっけ??

【予約】 大奥(6)




そうそう。
これまた友人から借りてハマった小説もついに完結してくれました。


ずっと、スタンド・バイ・ミー(下)


先月、上巻で不完全燃焼だったので、
続きを読むのが楽しみです~~(*´д`*)






  完結するってすばらしい!
・・・けど、作家にとっては死活問題??


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ





TWITTER
スポンサーサイト
00:01  |  熟女の読書道  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

2008.08.12 (Tue)

それが女の分かれ道。

母親は漬物と保存食の作成に、余念がない今日この頃。
年を取ると、「保存食」を作る頻度や量が増すと思うが、
ここ数年かなり増していると思う。


私も、去年から梅干をやりはじめたし、
年を取ったということかしら。




・・・とはいえ、臨月ニンプー。
何にもすることが無いので、唯一の楽しみは読書である。



実家に戻ってきたので、実家に置き去りにされていた漫画や本を出して、
手慰みに呼んでいたが、流石にネタも切れてきた。








そんな私に弟が「美味しんぼ」の漫画を貸してくれる。
先日、ヤフオクでダンボール買いしたという70冊。
30巻から100巻までだ。




美味しんぼ 100巻



最初は面白くて読んでいたが、
都道府県めぐりあたりから惰性になってきている気がする。
それと共に、モチベーションも下がってくる。

段々料理もおいしそうじゃなくなってくるし、
そもそも「美味しんぼ」の料理って、実践するのが困難なんだよなー・・・。

つーわけで、「美味しんぼ」が先月の掲載紙でいったん終了というのは、
よかったことだと思う。






さて、弟の真似をして、私もヤフオクに手を出してみた。
ずっとほしかった漫画が、やや値下がりしてきたのだ。





津雲むつみ / 花衣夢衣 [文庫版] (1-11巻 全巻)





今年6月末まで放送していた、昼ドラ。
はまってしまって、はまってしまって。


ずーっと原作を読んでみたかったんですよー。



で、ようやく手に入れた。
ヤフオク古本で2000円プラス送料。
文庫 全11巻。


ううむ、スゴイ話だ・・・
ホトンド昼ドラと同じストーリーだが、漫画のほうがすごい。


ヒロイン達の血中女濃度が、異常に高い気がする。



同時に買い求めた「風の輪舞」




津雲むつみ/風の輪舞 全6巻





これまた、血中女濃度が高いー!




こんなに高い女って、実在するんかいな?
初恋って、そんなに忘れられないもの?





自分の血中女濃度が低いから、
サプリの様に欲するのだろうか・・・この手の漫画を・・・(w




それにしても、生涯現役の女やら、
子供が大きくなっても夫婦の営みとか、
あるもんなんですかねぇ~?



女も男もお盛んで、圧倒されました。






漬物作っている女は、とても歩めそうもない人生。
きっと、モ●さんみたいなモテ女は血中女濃度が高いんだろうな。



「風の輪舞」も「花衣夢衣」も同様にいえるのは、
不倫は不幸で利益が少ないけど、血中女濃度が高い女ほど、
その魅力に勝てない、ってことかな。






05.gif

熟子のもう一つのブログもヨロシク!おねがい顔文字



こちらも更新☆2008.8.12up
バナー.gif
  * 出産予定日近くに・・・アノ日が!

  クリックしてくださるとハリキリます♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ




TWITTER
16:56  |  熟女の読書道  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

2008.07.14 (Mon)

マンガ・マンガ・・・マンガ。

引越しした際、本が入ったダンボールがとっても多かった熟子家。



引越しの手伝いに来てくれた母は、ダンボールを見て言いました。




「『本・マンガ』って書いてあるダンボールが多くて恥ずかしい!!」



・・・いい年こいて、マンガばかり読むなと。
・・・ダンボールには、せめて「本」とだけ書けと。(←見栄)




日本の文化として、誇りたいから良いんです。
年寄りって、いまだにマンガは「子供のもの」って頭が固いよねー!
本を読むってコトが高尚で、マンガを読むのが低俗って思ってる。



・・・本すら読まない人に言われたくないわ~~!?a?



電車の中でマンガ雑誌を恥ずかしいと思う年寄りの、
新聞投書を読むたびに、そう息まいてマンガ文化を愛し続ける熟子なのでした。


もう、年寄りって自分の文化が高尚と思っているからね~。
そう思い始めたら、人間お仕舞よ。年寄り感覚になっているのよ。
お気をつけ遊ばせ。
(自分にも言えるか;自省自省。)






さて。





新刊を待ちわびるマンガが熟子には数冊あります。







今月&来月は、待ちに待った2冊の新刊が出ます。
月刊誌ペースだと、半年に1回だから待ちわびていますわよ~~!

すでに、予約が始まっている模様。





一条ゆかり「プライド」9巻!



【20080717】 (コミック)プライド(09)/一条ゆかり 【7月発売予約受付中】
ひょうたん書店楽天市場店



二ノ宮知子「のだめカンタービレ」21巻!


のだめカンタービレ #21
楽天ブックス(品切れ)

【20080811】 (コミック)のだめカンタービレ(21)/二ノ宮知子 【8月発売予約受付中】
ひょうたん書店楽天市場店







・・・どちらも、楽天ブックスで購入していたのですが・・・




今回は、楽天エージェントに登録していたにもかかわらず
メールが来てからすぐにリンクにとんだにもかかわらず。






どちらも品切れ。







OH!MY!GOD!






え?ハマの女なんだから、本屋で買えって?








・・・私の住む磯子エリアには、本屋がないんです・・・。
駅前にすらない。
私の住む高台の社宅エリアにすらない・・・。
アリエナイー。


人間が快適に住むところっていったら、

スーパー・コンビニ・ATM・本屋

って必須アイテムなのに?!




本屋がネットに押されてなくなりつつあるっての、
本当なのね~~~



最近は、本屋も在庫を抱えたくないから、売れ筋しか置かないしさ。
買うものが決まっている場合、イチイチ本屋に行って探して→注文てぇのも面倒なので、
すっかり本屋は使わなくなっていたのですけど。
ゴメンナサイ、本屋さん。




おまけに、楽天ブックスの「コンビニ受け取り」のための
「ファミリーマート」がわが社宅エリアと、実家エリアにはとても少ないことが発覚!



こりゃ、楽天ブックスさんとは、そろそろ縁切れかしらねぇ・・・?






熟子的には、今後の本屋さんのあり方としては、
「ネットから注文→受け取りができる」と良いんだけどなー。
働く方々が、ネットで注文→コンビニ受け取りを利用するっての、
やっぱり、営業時間も大きいと思う。
都会の方々はお忙しいしね。。

そこのニーズを本屋が、どう汲み取るかで今後の本屋の行方が知れよう。








余談。


infoseekの画面が、新しくなっていた。
rssリーダーがどこかわからず、画面の細部まで見ていったら、
アンケート項目が。思わず投票。



【ガラスの仮面連載再開!一番気になっているのはなに?】
maya.jpg



私はトーゼン「とにかく完結してほしい!」に一票。
皆さん、考えることは同じよね・・・。


一生の飯のタネとはいえ、ミウチ先生には責任を持って
作品を終わらす義務があると思うのよ~~!

だって、少女時代から「ガラスの仮面」を愛し続けた人達は、
もういい年なんだよ!

終わらないうちは死なないでぇ~~!(笑)


・・・と切実に思うのでした。
(といいつつ、新刊は買ってすぐ売る女。全巻集めるのは・・・文庫が全巻そろったら)





↓詳細記事。


【遂に物語もクライマックスか!? 『ガラスの仮面』が4年ぶりに連載を再開】6月27日
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080627-00000001-oric-ent



立ち読みしたいなー(w






TWITTER
19:05  |  熟女の読書道  |  Trackback(0)  |  Comment(9)

2008.07.08 (Tue)

ハートフル極道小説?!

本日は、久々に大ヒット!でハマってしまった小説。



浅田次郎著「プリズンホテル」(文庫全4巻)









久々に、ゲラゲラ笑いながら読んでしまった本でした。



浅田次郎って、こんなに笑えるの?!
・・・とちょっとびっくり。



1993年に第1巻が刊行。
テレビドラマ版は1993年と1995年にTBS系列で単発ドラマとして2作放送された後、
1999年にはテレビ朝日系列にて連続ドラマ化されている。
(wiki調べ)



・・・・・・今更だったか・・・・・・・・・(←流行図書についていけてない女)




1993年といえば、まだ18歳。
文庫主義で、なおかつ古本屋でしか本を買わない貧乏少女時代。


話題になろうが、芥川賞を取ろうが、直木賞を取ろうが、
私の手元に来るのは図書館か古本屋経由だから、
世間との2年以上のタイムラグができてしまう。



また、この本を手に取らなかった理由がもう一つ。



「鉄道員(ぽっぽや)」での、ハートフルな作品のイメージが強かったので、
あまり好みのタイプの作家として、自分のフィールドに入ってこなかったということ。



プリズンホテルが、極道がでてくるということ。
(極道・不良モノは小説でもマンガでも、あまり手を出さないジャンル)





でも、読んでおけばよかったなぁ・・・と思う。







この本を手に取ったのは、広島脱出の時の新幹線のお供として、
ダーリンが購入したからである。




そんだけ。





人が読んでいると取り上げたくなる性質・・・もとい、
最近は妊娠後期で眠りが浅く、特に雑食なだけ。(寝しなのお供は文庫本)



でも、コレは美食の一品でした。



簡単に内容を説明しますと。



とあるひなびた温泉地の「奥湯元あじさいホテル」、通称「プリズンホテル」は、
極道による、極道のためのホテルで、従業員は極道と不法滞在のフィリピン人たち。
たまに来る一般客は、熟年離婚をもくろむ老夫婦やら、一家心中のためにやってきた家族やら、
問題のある人だらけ。
おまけに、ホテルには幽霊が出るという噂もあり・・・。
そこにやってきたホテルのオーナーの甥っ子である主人公は、
これまた偏屈な極道小説家で、愛人に暴力を振るってばかりの最低男。
総会屋のオーナー、一流ホテルの万年フロントマンだった支配人、
一流のホテルで修行した凄腕フランス料理シェフなど、
めちゃくちゃな登場人物たちが事件を起こし、大変なことになるのだが、
極道なホテルマンたちが、意外にも泊まる人々に癒しと生きる力を与えるという、
コメディー作品である。






帯を見ても、解説を見ても、この作品の魅力は
全て書ききっていないなぁと思う。

平易な文章力しか持たない自分だが、
文章のエキスパートの編集者や作家が書いていると思われる煽り帯も
この作品の魅力を存分に書ききっていない故に、
手に取らない人も多いのではないだろうか?




タイトルもなんだか地味だしね(w






読ませる小説というのは、

「物語展開が早くて、続きが気になる」
「隠された秘密があり、知りたくて仕方が無くなる」
「文章自体の魅力」

であると思う。


「物語展開が早くて、続きが気になる」のは、
かつてのシドニィ・シェルダンの作品群やら、京極夏彦の小説みたいな、
とにかく物語性に魅力がある作品。


「隠された秘密があり、知りたくて仕方が無くなる」のは、
私の大好きなミステリ作品群である。
中でも、綾辻行人なんか「隠された秘密(トリック)」の作り方が秀逸だとおもう。
私が読むのは大抵このタイプ。


「文章自体の魅力」というのは、作家の力量と、
私自身の感性(理解力)の折り合いが偶然に一致したという奇跡的な作品だと思う。
文体のリズムや、言葉の使い方がとても自分にあっていて、
物語や筋を追うよりも、その文章の中にいつまででも浸っていたい・・・そんな面白さがある小説。

コレに出会うことは稀だが、出会ってしまうと読み終わるのが惜しくて惜しくてたまらなくなる。

氷室冴子(なんて素敵にジャパネスク)や、中村うさぎ(だって、欲しいんだもん
)などの「表現方法」自体が好きなタイプ。

夏目漱石の「坊ちゃん」などの、文章が非常に優れていて、リズムの良いタイプ。

大抵は作家単位で読んでしまうけれど、作風が代わるとあっさり見捨てる(w

賀東招二のフルメタルパニックや、かつての冴木忍の幻想封歌は、
ライトノベルながら、かなり好みのタイプの文章である。
大抵はライトノベルか、エッセイに多い。



プリズンホテルはというと、断然「文章自体の魅力」。
こんなにコミカルで、遊んでいて楽しい文章はない。


本当に、「鉄道員(ぽっぽや)」「メトロに乗って」の作者?!


…と思える程、文章に品が無い(w



主人公は、頑固パンツ職人の父(故)を持っているが、
その遺産として腹まですっぽり隠れる父特製のブリーフを6箱も持っている。
一生、父のパンツから逃れられない主人公。


そんな、ちょっとした小技のコネタも読者にはたまらない可笑しさがある。







さて、既にドラマ化していたという「プリズンホテル」だが、
キャストを見てびっくり。




木戸孝之介(主人公):松本明子 
木戸仲蔵(主人公の叔父で極道の大物):武田鉄矢
田村清次(主人公の愛人):井ノ原快彦(V6)




主人公と、主人公の愛人が男女逆になっている~~!
やっぱり、テレビ的に男が愛人の女を殴る蹴るってのは、
よろしくなかったんだろうなぁ・・。


今なら、「のだめカンタービレ」もOKだったことだし、
男が女を殴っても大丈夫なんじゃないかな・・・?
CGを駆使して、コミカルな暴力なら・・・。






のだめカンタービレ 第20巻





【予約】 のだめカンタービレselection CD book Vol.3


8月発売予定!!





私のイメージでは・・・



木戸孝之介(主人公): 阿部寛
木戸仲蔵(主人公の叔父で極道の大物):寺島進




で、お願いしたい!


・・・ってもう、ドラマ化や映画化はないかしら。













極道アレルギーの方も、浅田次郎ってちょっと・・・って方も、
ぜひ読んで欲しい逸品です。





…損はさせませんぜ(*^w^*)



TWITTER
00:00  |  熟女の読書道  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

2008.06.07 (Sat)

少女時代の女王様の死

今朝、新聞で知ったのですが、
氷室冴子氏がお亡くなりになりました。


51歳という若さでの、肺がん死。



平安朝をモチーフとしたシリーズが大好きで、
「なんて素敵にジャパネスク」「ざ・ちぇんじ」は、
今でも手元にあります。





【小説】なんて素敵にジャパネスク



こちらは新装版。
挿絵画家が変わったもの。

私が持っているのはもちろん旧版。
峯村良子さんの素敵な挿絵が大好きでした~



一番印象に残っていて、大笑いして、大好きだったシーン。
第1巻で、瑠璃姫が知らぬ間にお見合いの席に出され、
幼馴染の高彬に助けてもらうシーンで、発したこと言葉。



「そうよ!本当よ!あたし達はぶっちぎりの仲よっっ!!」

(記憶の中より抜粋。多少言い回しは違うかも・・・;)



「契りの仲」「ぶっちぎり」って・・・。


そんな瑠璃姫が大好きです。
最初はおぼっちゃまだった高彬の成長も、良かったわぁ~~




【漫画】なんて素敵にジャパネスク (1-11巻 全巻)


実は読んだことがない漫画版。
「ざ・ちぇんじ」は持っているのですが。

あまりに峯村良子さんの瑠璃姫の絵が好きで、
イメージを壊されたくなかったの・・・



【漫画版】ざ・ちぇんじ



こちらの小説版は楽天ブックスでも品切れ。
新装版は出ていないのかな?

ジャパネスクの習作というだけあって、
原作ありの、ちょっぴり固い文体ですが、
やっぱり面白いです。

大学に入ってから、原作の「とりかえばや物語」を読んでびっくり。
氷室版では綺羅中将は宰相中将とキスまでですが・・・
原作では、行く所まで行って子供までできてしまい、愛人関係に。。。

氷室版だけ読んでりゃ良かったと、少々後悔した作品でもありました。
(乙女だった熟子・・・)








今、実家にいますので実家においてきた漫画や小説を再読する日々
ヒマなんですな。




なのに!







なのにぃ!!!








氷室冴子氏を偲んで、突如として読みたくなった平安シリーズ。












残念ながら、広島の自宅にアリマス(w









あ~う~~













氷室冴子氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。



TWITTER
00:00  |  熟女の読書道  |  Trackback(0)  |  Comment(16)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。