04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.01.17 (Mon)

正月帰省記<その4>

帰省ってネタじゃないんですけど。


義兄夫婦の新居に行ったときに聞いた羨ましすぎる話。



それは・・・



幼稚園!!



幼稚園って悩みますよね~。

我が家は徒歩圏内で通える幼稚園がなんと3つもあり、
バスを入れたらさらに2~3個あるという、
今時の保育事情では珍しいところに住んでいます。
それでも保育園は足りない上に、待機児童のランキングでは常に上位にいる横浜市である。
保育園はあれど、リフレッシュのための一時保育なんて夢・・・。
(根性出して頑張ればなんとかならないでもないが)



まぁ、どの幼稚園も山あり谷ありな徒歩なんですが。
それでも、これだけ「選べる」というのは、
今の日本では得がたいことなのではないかしら・・・と思っておりました。





が。





義兄夫妻の息子さんが通う幼稚園はすばらしいのです!!!





1.幼稚園バスが自宅前まで来てくれる。

幼稚園バスっていうと、集合場所がありますよねー。
我が家も幼稚園バスがすごく近くまで来てくれるところもあるんですが、
義兄夫妻のところはスゴイ。

玄関前、まで来てくれます。

だから、送り出すときだけ注意すれば、
帰りは子供が玄関から「ただいまー」って帰ってくる。

義兄夫妻が以前住んでいたところは、
200メートルくらいのご近所さんらしいのですが、
そのときもアパートの前まで来てくれていて、
今回引っ越した後も新居の前まで来てくれるんですって。

しかも、引っ越したエリアはその幼稚園に通う子供ばかりなので、
数メートル先で子供を拾っている光景もよく見るそう。

う、羨ましすぎる!!


2.フル給食。

残念ながら、我がエリアの幼稚園は給食体制が整っていません。
そりゃ、アレルギーの子も多いから色々大変かと思いますが、
やっぱり給食があるとお母さんは助かる!!(お手伝いロボ的に)

我がエリアで唯一の「フル給食」の幼稚園は、
願書をもらうだけで当日朝から行列ができたという噂も聞くくらい。

大抵はお弁当で、よくて週1で仕出し弁当みたいなもの・・・と聞いていました。

そりゃ、今からお弁当作りのノウハウを勉強しなきゃ、って思うわけですよ。
それがね・・・

従兄君の幼稚園では、お弁当は特別なときだけ。
遠足や運動会のときだけです。

う、羨ましすぎる・・・。


3.親の出番ナシ

親の出番ってナンですかね?
噂で初めて聞いたんですが、それはPTAってヤツですかね?

幼稚園ママさんたちからの情報ですと、
幼稚園ってぇのは程度の差こそあれ、イベントごとに「親の呼び出し」があるんだそうです。

一番呼び出しが多いという幼稚園では、「打ち合わせのための前の呼び出し」、
「お掃除」とか、信じられない項目ばかりで呼び出されて幼稚園に奉仕します。

義兄夫妻のところでは、親の出番はほぼない、と言っていました。
お遊戯会の衣装や準備もすべて先生がやってくれる。
こんなのありえるのか?!




「幼稚園で選ぶ余地はない」
・・・という話ですが、選ばなくてもこれだけそろってりゃ・・・
神奈川から通わせたいくらいです(笑)



もう諦めてますけどね。
お弁当もバザーも親の出番も送り迎えも。
頑張って、頑張って、頑張り続けようと思います。

・・・意外に苦労した分、楽しかったりすることもあるしね。






TWITTER
スポンサーサイト
16:28  |  熟子の小ネタ劇場  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

2011.01.12 (Wed)

正月帰省記<その3>

北海道のお国柄事情について、今回また新たな発見がありました。



葬式で親族の写真を撮る




昨年の12月も半ば近く、
義母の姉が亡くなったんですが、
その葬式の写真を見せられました。


つーか、葬式の写真って初めてでビックリ。(゚д゚lll)


装丁とかは、地味ですけど結婚式の親族写真みたいなモノになっています。
真ん中には遺影。



う・う~ん・・・


正直、見せられてもどう反応していいのやら。
久々に、脳ミソフリーズってヤツを体験しました。


いやぁ、だって、さぁ。


結婚式はお祝い事だから、微笑みにあふれているけどさ。
葬式なんて、喪服だし、泣き濡れて顔が腫れた写真なんて・・・
撮って欲しくないし、撮っておきたくないですよ~




・・・というコトを正直に義母に申し上げたところ。



「もう、何時死んでもおかしくないバァさんだったからねぇ~」


と豪快に笑ってらした。
・・・そういうモンなのか。




ちなみに、亡くなられた伯母様は御年93才。
義母の一番上の姉で、年の差27歳

(義母は末っ子、9女です)



義兄の結婚式ではまだ健在でしたけど、
正直、義母の母親かと思った。


特に大きい病気もせず、介護も必要なく夫婦で暮らし、
夫に見守られての大往生だったとか。

うらやましいなー・・・




TWITTER
20:13  |  熟子の小ネタ劇場  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

2011.01.10 (Mon)

正月帰省記<その2>

無事、札幌の実家に着きまして。



今回は6泊7日フル実家滞在



・・・という、はた迷惑な親孝行(?)をして参りました。



まぁ、色々ヒマだろうし~
本とドラクエ9(←クリスマスの日に中古で780円)、
それと羊毛フェルトのチクチクセットを持っていきました。



―が。




熟子、謎の悪寒で寝込む。




もー、ありえない嫁ですよー。
ついた翌日から、札幌はステキに晴れましてね。


雪遊びやら、ソリ遊びやら、温泉やら堪能しつくしたあと、
え?背中になんか張り付いている?!
・・・ってくらい、背中にずっしり感。


オマケに、雪国の暖房はつけっぱなし。
部屋の温度が上がってくると、「暑いー」と言って脱ぎだす雪国の人。



そういうお国柄の人間でもなく、
石油代ケチケチ人生を30年も送ってきますと、
1時間おきの換気および消火というものを習慣的にやってしまうのです。




しかし、雪国のストーブというのは少々勝手が違いまして。
関東圏でよく使われるような、瞬間的な発火力はなくて、
オイルヒーターのようにジワジワジワジワチマチマと火をくゆらしながら、
ほぼ1日中暖房を入れているのです。



これを知らなくてねー。



暖かくなったら消して・・・なんてやっていたら。





一酸化炭素中毒っぽくなりました。



自分では気づかなかったんだけど、
こう・・・車の排気ガスのようなにおいがして、
車酔い体質なアタクシはそれに酔ってしまっていたのです。
実際は、酔うどころじゃなかったんだけれど。



ストーブの使い方一つでも、お国柄お家柄ってのがあるのだなーと学びました。



ちなみに、ケチケチな実家では石油ストーブがついている間は、
ヤカンか鍋がかならず乗っており、ヤカンの湯が少しでも沸くと、
ポットにいれる習慣があります。

沸いた状態で置いておくってことができないケチな性分。

正月は、調理器具と化している石油ストーブ。
ぜんざいを煮込んだりしています。



だから、北海道のストーブで鍋に水がはってあり、
グラグラとしているわけではないにしろ、
そのお湯が「加湿」のためだけに存在しているのは、
とっても不思議な感じがしました。




なんだか、色々もったいないよ!!!!!



と、心の中で叫んでおりました。





ちなみに、建てられたばかりの義兄夫妻の新しいお家は、
オール電化で、温水暖房。
玄関のたたきから、階段、廊下、トイレの中まで暖かいという贅沢な仕様。

しかも、すぐ温まらないシステムだから、
買い物程度の留守ならば、暖房はつけっ放しなんですって。


なんだか、スゴイなぁ。
雪国。




「北の国から」はもっと寒々しいイメージがあったのだけれど( ̄∀ ̄;)





とはいえ、オール電化でソーラーシステムはないから(雪国ゆえ屋根につけられないのかな?)、
月3万円くらいはいく~とのことでした。
う~ん。さすが。







TWITTER
00:00  |  熟子の小ネタ劇場  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

2010.12.20 (Mon)

限定セレブ。

突然ですが・・・



アタクシ、セレブになりました★





鼻限定で。





使い捨てるものには一切の金をかけない主義の熟子ですが、
愛する男の頼みとあったら、仕方ありません。


↓詳しくはコチラに↓
banner






こちら、ドラッグストアで158円!!!




た、高ッッ!!!(#゚Д゚)ゴルア




しかし、ホントに違うんだなぁと実感。
いつも使うちり紙が、アタクシのカカトとすれば、
【鼻セレブ】はあかちゃんのほっぺです。

ハナをかみすぎて、ハナの中がいたむのか、
対して言葉も喋れないのに、「ハナ イタイ イタイ」と宇宙語を織り交ぜながら、
逃げ出していたカイピョンですが、
鼻セレブに変えて繰り返し使ううちに、あまり逃げなくなりました。



ぜ、贅沢モンが・・・・!!!(#゚Д゚)ゴルア



今まで、ハナをかむなら「アイフル」「武富士」(どちらも消費者金融)

アイフルはトイレに流せるから良いわぁ~なんて思ってた。

まぁ、それ以外も容赦なくもらいますが。

最近、コンタクトレンズでもチラシだけよね。世知辛いわ。





ポケットティッシュは我が家では、「もらい物」が基本。






最近は不景気であんまりもらえないし、

テレクラも絶滅寸前で、
お水系のフライヤーからは無視されることも多くなったし、
そもそも山に住む専業主婦だから、もらう機会もないし、

消費者金融も軒並み業績ヤバくてティッシュなんて配ってないし。

新宿OL時代に稼いだティッシュも底をつきました。





ああ、いい時代だったなぁ。

武富士ティッシュ時代。

あれは、本当にいいティッシュだった。




(;= =)トオイメ...





昔話から、話を戻して。







そして、さらに自宅用に箱ティッシュも購入。





717379d1.jpeg


デュー保湿ティッシュ。



いやぁ、コチラも良いです。
・・・といっても、使うのはカイピョンだけ。


熟子「アナタは、いつもの安ティッシュ使ってね!」


エッ(゚д゚lll)←ダーリン



そうして差し出したるは、5個パック188円のティッシュ。
大人のハナはこんなので十分です。
さよならしちゃう、ウンコ紙とハナ紙は安ければ安いほどいい。


ちなみに、上記で「保湿ティッシュは違う」と申している熟子
やっぱり自分用にはもったいなくて、
カイピョンが使った後の部分を使用しております(笑)←セコイ




あぁ、エアリー!
やや保湿感アップ!!





鼻セレブだけでも高いと思うのに、
上には上がいて「1箱1000円の最高級ティッシュ 羽衣」なんてのも。
こんなの買わないけど、もしもらったとしたら・・・


熟子「干してまた使いたくなるよね。」

ダーリン「洗って干してまた使うかも」



セレブという世界からも遠いけれど、
日本で言うセレブ風からも10万光年ほど離れているかも。






そういえば、昔読んだ「アンデルセンの童話」に載っていた、
「エンドウ豆の上のお姫さま」というお話。
みすぼらしい娘が城を訪ねてきて1晩の宿を借りるのですが、
しきぶとんを二十枚も重ねて、さらに二十枚の羽根ぶとんを重ねて寝かせたところ、
一番下に入れておいた「えんどう豆」が痛くて眠れなかった・・・
というのでお后様になっちゃう話。


どんだけデリケートボディなんだか!!


結婚して一緒に暮らすの面倒な女だなー・・・

・・・と思っていたけど、これぞまさに鼻セレブならぬ、
全身セレブな女なのかもしれないな。

ま、実際お后に納まってるし。







↓我が家はコレで十分かも・・・↓


宝箱ティッシュ\138












今回、ご紹介した商品について少し。






ネピア 鼻セレブポケットティシュ


 



デュー保湿180w









鼻セレブは2~3枚使っただけでしたが、

やっぱり違いますね。





鼻セレブは勿論、箱もあります。

200Wで258円(1W1.29円)。

デュー保湿180W198円(1W1.1円)より高い(笑)



デューのサンプルが店頭にあって、

その実感が良かったというのも購入のポイントでした。

(実際、そのときにカイピョンのハナが出たので、ふき取りました)



しかし、この鼻セレブのパッケージってホントいいですなぁ。

癒されつつ、優しさが伝わってきてオシャレ。

企業の商品サイトに飛ぶと、コンビに限定も含めて、

6種類の動物のバージョンがあります。


勿論、一番ウサギがいいけどね~~★



ハナタレは基本的に家にいる限り、

ガーゼハンカチをお湯にぬらしてふき取っていました。

・・・が、アタクシの具合が悪くなってきて、

洗濯が追いつかず、ハナは取っても取っても終わらずエンドレス。


しまいにゃ、起き上がるのも苦痛で、
洗濯、食器洗いもできなくなり家事は山積み・・・。
そんな状態で、エコなんていってられません。


・・・というわけで、金で解決したしました♪(セレブ風?)



最近はエコ的観点から、

ハナタレをふき取るガーゼハンカチを洗って繰り返し使ったり、

通常の箱ティッシュの中身を半分に切って、ハーフティッシュにしたりするらしいですが・・・



健康があってこそのエコ&節約ですな!








  エコ&ケチ/セレブ&成金

イコールだと思うアタクシ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ





TWITTER
20:42  |  熟子の小ネタ劇場  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2010.11.28 (Sun)

自販機で見ぃつけた!


ハイレモンドリンク。


チェルシードリンク。



どちらも、おなじみのお菓子だけど、
ドリンクで飲む必要を感じない・・・



・・・と、言いつつ惹かれるアタクシ。
(と、言いつつおそらく試さないA型なアタクシ)







TWITTER
00:01  |  熟子の小ネタ劇場  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。