10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.01.23 (Wed)

鍋女王を目指して★ヒラヒラ大根と豚しゃぶのサッと鍋

寒い日々が続きますね。
東京地方は雪だとか!!



広島県も雪です。
・・・山間部は。



広島は平地が少ないのですが、
呉は特に海からすぐきつい勾配が始まります。
だから、長崎並の坂の町。


社宅のある山エリアは、雪だったそうです。
でも、我が家は海エリアなので、小雨。
近いのにこうも天候が違うって不思議でしかたありません。


神奈川の実家にいる頃、
ニュースで「山間部は雪」といわれると、
必ずうちの方は降ってた・・・雪。
――なんか、屈辱的。




さて、そんな寒い夜はお鍋に決まり!!




今回は、またもや新しい鍋にチャレンジ。
きょうの料理に載っていたレシピらしいです。
ダーリンが、図書館で頭に叩き込んできて、
作ってくれました。




サッパリとしたゆずの香りがたまらない鍋。
野菜もたっぷりとれるのがうれしいですね。




ヒラヒラ大根と豚しゃぶのサッと鍋


ヒラヒラ大根と豚しゃぶのサッと鍋.jpg



【材料】(4人分)
・豚肉(しゃぶしゃぶ用)* 350g
・大根 20cm(300~400g)
・木綿豆腐 1丁
・昆布 10cm
・小松菜 1ワ
・しじみ 1パック(砂抜きしておく)
- - - - - - - - --
【柚子塩】
・ゆずの皮を刻んだもの
・塩(適量)


【作り方】
1. 鍋に水カップ5と昆布を入れ、約5分間おく。

2. 大根は皮むき器で縦に薄切りにする。柚子塩の材料は混ぜ合わせておく。

3. 鍋を中火にかける。沸騰してきたら昆布を取り出し、しじみ、豚肉を広げて加え、アクが出てきたらすくい取り、弱めの中火にする。

4. 肉に火が通ったら大根を加え、小松菜を加える。

5. 野菜がしんなりしたら取り分け、柚子こしょうだれをかけながら食べる。




こちらの料理だと思ったのですが・・ちょっと違いますね。
 →きょうの料理プラス

                                    






これ、ウマウマですよ~
大根が煮えるのが早くて、おダシに大根のウマミがたっぷり出ます。
思った以上にたくさん大根を食べることができちゃいます。


柚子塩も、絶品!!

ヒラヒラ大根と豚しゃぶのサッと鍋3.jpg

唐辛子が入っていないので、「柚子胡椒」の辛さが苦手な人は、
是非試してもらいたいです。



こんな風に取り皿に取ると、色鮮やかで食欲をそそります????

ヒラヒラ大根と豚しゃぶのサッと鍋2.jpg



しじみが入っているので、疲れた胃腸にも良さそうです!
(お酒のみの方は特に)





難点は、大根をひたすらピーラーで剥くところかな。
結構、疲れました。





そういえば・・・山田詠美の「ぼくは勉強ができない」に、
主人公が母親に「絶品のサラダ」を作ってもらうために、
大根をひたすらピーラーで剥くって話がでてきたなぁ・・・。

この小説を読んでもちっとも美味しそうに思わなかったけど、
実はすごく美味しいのかもしれない。




??「ラビット病」と並んで、熟子お気に入りの名作。


山田詠美著
「ぼくは勉強ができない」
新潮文庫









熟子的ミシュラン(★3満点)
ヒラヒラ大根と豚しゃぶのサッと鍋.jpg
期待度  :
満足度  :
リベンジ度:

一言☆大根剥くのが面倒くさい~




china_01.gif

熟子のもう一つのブログ

こちらも更新☆バナー.gif






TWITTER
スポンサーサイト
20:40  |  鍋女王への道  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

2007.12.20 (Thu)

鍋女王を目指して★鶏とろろ鍋

お鍋のおいしい季節になりました。


今年は、どうやら鍋ブームが来ているようで、
カレー鍋やらシチュー鍋やら、変わり鍋が
メディアでも店頭でもたくさん紹介されていますね。


それにあやかりまして。



鍋が得意料理なワタクシ(笑)
・・・といたしましては、
語らないわけには行かないかと。








本日のお鍋はこちら!!





深夜番組VVV6の東京Vミシュランで紹介されていた、
「玉の葉ぐーや」の鶏とろろ鍋にチャレンジです。




鶏とろろ鍋






味噌ベースの鍋で、
とりだんごと野菜を煮て、
食べる直前にとろろを鍋にかけたもの。



ふわふわ~~??とろとろ~~~????



と、V6と杉田かおる絶賛


なので、見よう見マネで作ってみました。



鶏とろろ鍋


見た目イマイチなんですが・・・。
美味しかったです。
フツーに。


作り方に従い、大目の卵でつなぎなしで作ったとりだんご。
・・・卵入れすぎでした。
とりだんごっツーより、タマゴだんご。


独特のとろみがついた鍋は初めての食感で新鮮。



だが、杉田かおるほど、どえらいリアクションが出来る味じゃなかった。



うまいよ・・・?
うまいけど・・・・・・



芸能人ってすごいな。大げさだな。
―というのが正直な感想。


辰巳卓郎くらいになると、毎回なので大げさだなと見破れる。
コイツのウマイは信用してない。


女子アナなんかも必須で持っているスキルよね。
女子アナに騙して歯磨き粉入れた饅頭を食わせて、
どういうコメントをするかっていう
企画番組があったけど、驚くほどプロでしたよ。

タレント化が進むといわれた頃の女子アナでしたが、見直しました。

アソコまで上り詰めるのも只者じゃないけど、
それもこれも努力と才能あってのものなんだと。
タレントほどバカじゃないです。さすが。


庶民はやっぱり「海原雄山」的リアクションには騙されるのだなーと
一つ大人になったような味。



あ、でも、ちゃんとホンモノをお店でいつか食べてみたい?




熟子的ミシュラン(★3満点)
鶏とろろ鍋
期待度  :
満足度  :
リベンジ度:




img_contents_bottom.gif

★レシピ★

材料:
 とりだんご(とりモモ肉・タマゴ・塩&胡椒)
 野菜(大根・人参・しめじ等)
 すりおろしたとろろ芋(1本分)
 味付け調味料(ダシ・味噌)


?西麻布の「玉の葉ぐーや」の店舗情報はコチラから。
http://gourmet.yahoo.co.jp/0000667443/U0004007621/
 鶏とろろ鍋は2人前から2400円。

img_contents_bottom.gif


TWITTER
19:37  |  鍋女王への道  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。