04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.01.05 (Wed)

正月帰省記。

年末から正月にかけて、
ダンナの実家に帰省いたしました。


実は、結婚してから2度目の帰省正月。


なぜなら、広島からの飛行機は1日2便(ANAとJAL)。
とても座席が取れないのですよ・・・しかも高いし。
で、広島にいる間は正月に帰省せず仕舞いで2年ご無沙汰。


その後、ヨコハマに住むことになるが、
出産&育児&ダンナの昇級試験で正月はナシ。


ようやく、子供も2歳になり手がかからなくなり、
ダンナも2年越しで試験に合格してくれたので、
めでたく帰省正月と相成りました。




・・・が。



なんせ、5年ぶりの雪国。
大人は何とかなるが、子供は何を準備したものやら・・・。
・・・と思ったけど、何とか去年の衣類や借り物で準備。

(それでも空港には首の座らない子供やらいて、
 それを連れて帰るど根性に感激しちゃいました。)





さてさて、雪国にやってまいりました。
時は29日。午後2時でございます。



北海道上空、着陸許可待ち1時間。




いやー・・・ビックリしました。
今まで、そんなに長く空で待たされたことないから。

成田では、しょっちゅう飛び立てなくて滑走路をグルグルするもんだけど、
空でグルグル1時間はないなー・・・と思いました。


最初は「雲よ!雲に押付けて乗り移る気だわ!」(BY ナウシカ)とか、
ふざけていたんですが。

さすがに1時間OVERしてしまうと、
子供に提供するネタも尽きてしまい、
気圧のせいかあちこちで子供が不機嫌な泣き声を上げる。


その頃、不機嫌な子供のお世話は「となりのダンナ」がトトロよろしく、
面倒を見ていました。
・・・2歳児は無料とはいえ、うちの2歳児はやや背が高い。
ひざの上抱っこは正直きついなーって感じでした。
(来年の夏の帰省時も2歳なので、無料でいけますが・・・ひざの上・・・)


その頃、アタクシはといえば揺れて回る機体に翻弄され、
乗り物酔いしてました。。。
エアドゥはJALやANAよりも機体が小さいので、よく揺れるのかもしれません・・・。


ようやく空港に着陸したら、午後3時。
外はビックリするほど吹雪いていました。
う~ん、これでよく着陸できたな・・・。

そういえば、着陸寸前まで雲だと思っていて、
いきなりガツーンと着陸したのは、
吹雪いてホワイトアウト気味だったからなのだろう。( ̄∀ ̄;)



さて、そこからは高速バスに乗り込み、
ダンナ実家の近くまでやく1時間です・・・が。
ここでも2時間かかりました。


なんせ、ホワイトアウト風。
高速に乗れども、規制がかかって50キロ以上だせません。


ようやくダンナ実家に着いたら、
日はとっぷり暮れておりました。。。



翌日からは、ステキに晴れてくれちゃって、
雪遊びを堪能できたのですが・・・まぁ、着陸できただけラッキーだったとしよう。

青森行きは欠航になっていたしね。



ちなみに、飛行機用にと図書館で本を借りてきたのだけど、
小野不由美の「屍鬼」(文庫1巻)。

そんなもん、読んでるから酔うんだよーといわれちまいました。


・・・確かに。



漫画にすればよかったな。





TWITTER
スポンサーサイト
00:01  |  旅ゆけば  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

2010.08.07 (Sat)

かあさんの広い背中。

北海道旅行をしたとき、
ダンナの両親が気を使ってくれて、息子カイピョンを預かってくれ、
温泉に行かせてくれました。


いやぁ、なんてデキた義両親なんだ!!

(サイテイの嫁)



朝9時から温泉ですよ~
なんてリッチなんでしょう~~


産後、ゆっくり湯につかることも稀で、
ましてや温泉なんて・・・
温泉好きのアタクシには、とてもステキなご褒美でした。


人見知りしない(ママより他人が好き)息子のおかげで、
心置きなく義母に預けて温泉を楽しめました。






軽くふっとんだね、息子の存在。




オマケに、義母は自分のお風呂セットを貸してくれまして。
シャンプー、コンディショナー、トリートメント、
浴用タオル、アカスリミトン、アカスリタオル・・・と全部揃ってる。


久々に、アカでもすってみるかぁ~



と、スリスリ。
背中をスリスリ。



どれ、背中はどうだろう?



フト、背後の洗い場の鏡をみてみた。
自分の背中が映っている。






・・・。





・・・・・・・・。












背中、広くなってる!!


がーン.gif





やっぱ、妊娠出産のせいなんですかね?
育児で背筋でもついちゃったんですかね?


かつて、華奢な背中だったような気もするんですが、
約1.2倍くらいになっており、ややガッチリしたような感が・・・。


そこはかとなく、貫禄が・・・



ああ、母というものは知らず知らずのうちに鍛えられているのね・・・。
(でも、肝心の二の腕と腹は相変わらずぷよぷよである)


つーか、背中が大きくなるのは、
父であって母ではないわよね。



傷心のあまり、寝湯でウッカリ寝てしまいました。





ところが、風呂を出るときに体重を量ってみたら・・・









体重戻ってました!!
産前の体重に!
?a
(結婚前には戻ってないが)



息子カイピョンを孕んで14キロ増。
落としましたよ、14キロ。
っていうか、落ちちゃったよ14キロ~。




しかし、体重は落ちたのに、体型は確実にユルくなってる。
これはユルい育児生活のなせる業か、それとも三十路も半分に差し掛かった故なのか。











天然温泉 極楽湯(美しが丘温泉)

この温泉・・・パチンコ屋とエリアを同じくしているのですが、
なんと託児所まであるのです!
ビュリホ~(≧∇≦)b


パチンコ親が、車に子供を置き去りにして、
痛ましい事件が起きているけれど、
こういう施設があれば・・・事故も防げるんじゃないかと思う。。。

パチンコはしないから、パチンコ中毒のキモチはわからないけれど・・・
「母親はパチンコすべきじゃない!」
って頭ごなしに正論をぶつけるんじゃなくて、
必要なところに必要なものがあれば、いいなって思う。

さすがに車に赤子を置いて温泉なんかできないけれど、
「母親が温泉に行くな!」って言われたら、
やっぱり悲しいもの・・・。




母の背中を見て育て!(TεT;)

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



★育児日記に北海道旅行記をUP★
banner



TWITTER
10:29  |  旅ゆけば  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2008.09.16 (Tue)

秋の広島を愛でる旅

去年の今頃は、突然家出をしたんだなぁ~・・・


ミソジ娘の家出



急に思い出しちゃった。
色々あったな。。。


あの時は色々行き詰って家出しちゃったけど、
秋になると旅に出たくなる性分は治らないみたい。



今は、投げ出したくても逃げたくてでも、
捨てるに捨てられない大事なものがあるから、
どこにもいけないけど。


ああ、旅行に行きたい~~。
(近場のヨコハマ散策でもいい・・・)



ぴょんきち生誕23日。
お外に出られるまで、あとちょっと。
ガマンガマン。




そんなわけで、さらに家出の1年前(つまり2年前)に
広島から旅した思い出
にでもふけろうかと思います。(年寄り)






呉から車で3時間ほど。
備北丘陵公園という国営公園に
コスモスを見に行きました。



コスモス.jpg

大判のコスモス!


V6010472.jpg

チョコレートコスモスという品種。
花の香りが甘いチョコレートです。





庄原から南下して、尾道に抜けてみました。



V6010483.jpg

尾道駅から城が見えます。

尾道にお城なんてあったっけ??

V6010477.jpg

急な坂を苦労して登ってお城に到着!
(お城のさらに上にある公園から



V6010478.jpg

お城の博物館でした。
しかも、閉鎖されてたー・・・_| ̄|○ がくっ



V6010481.jpg

尾道といえば坂!


V6010491.jpg

これ、直哉んち。
小さいけど、見晴らしサイコー。

(直哉=志賀直哉)


V6010601.jpg

夫婦岩
すんげーでかい岩に鎖が二つ。
両脇から登れるようになっています。
(でも、一般人には無理!だと思う!)

立て札には、

「この岩の前で二人が愛を誓うと願いがかなうといわれています」

とかかれていますので、????を誓ってきました。



熟子「愛ッッ!??(合掌)」
ダーリン「愛ッッ!??(合掌)」



後ろのカップルに笑われちゃった。


そもそも愛を誓うって、どう誓えばいいんだろうね?
神父さんが聞いてくれるなら、答えりゃいいんだけど。







昨晩は、ダーリン
突然の「ちょい飲み」会に行くと携帯メール。

「ちょい」の癖に12時半過ぎに帰ってきたよ。

・・・平日、どんなにがんばっても22時前には、
あたしたちのためには帰ってきてくれないのにさ。
飲み会なら、仕事が押していても定時なんだからー。

3連休、慥かにぴょんきちのお世話をがんばってくれて、
お疲れだけどさー。

いいよね、男って外で飲めてさー。


(・・・嫌だ、昔から連綿と続く主婦の愚痴だわ)

・・・と100個くらい愚痴を飲み込んだ夜。



夜の授乳後のあやしシーンに出くわしたダーリン
寝ているところをぴょんちきに起こされて、
チョー機嫌が悪い私がリビングで無言であやしているところは、
さぞかし背筋も凍る場であったろう



畜生!あたしも飲みたいよ!!


せっかく東京に帰ってきたのに、
友達と遊びにも行っていないんだよー!!(泣)






愛を誓ったけど、はて願いがなんだったっけ?








05.gif

熟子の他のブログもヨロシク!おねがい顔文字




バナー.gif
  * 出産日記

育児日記にチャレンジ★
デボラママの勇者カイの調教日記

  クリックしてくださるとハリキリます♪
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ




TWITTER
00:00  |  旅ゆけば  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

2008.05.16 (Fri)

高知ドライブ遍路旅行★5★坂本龍馬にはまる

さて、日曜市を堪能したら、次は桂浜です。



久々に、太平洋を見るぞ~~



とテンションあがります。
山育ちですが、やっぱり海といえば太平洋。
波がザザーンといわないと、海って気がしない。


もちろん、瀬戸内の海もすばらしいけどね!
静かで、キレイで、白浜で。
呉の県民の浜なんて、フィジーに匹敵する美しさと快適さですよ!


が、やっぱりザザーンと。


というわけで、参りました桂浜。


桂浜02.jpg

久々にザザーンと来たので、
日傘もズボンも靴もびしょぬれに・・・

ああ、瀬戸内ボケしとるけん(笑)




余談ですが、桂浜って呉にもある地名。
・・・高知と地名が微妙に被っているんですよね。アチコチ。
不思議ですなぁ。


色々見るところはあるんですが、
坂道は厳しい体だし、今日は四万十・足摺まで行かねばならないので、
早々に退場。


桂浜の龍馬.jpg
予想外にデカかった龍馬像。
でか過ぎて、人間と写真取れないじゃないか~~

(妊婦なのに地面に這いつくばってチャレンジ&断念)



ここで、予定になかった坂本龍馬記念館に行くことに。
記念館系に行くのは、実は初めて。
なかなか思い入れのある人がいないと、行っても楽しくないのですよね。


私はアニメ「竜馬が行く」くらいしか見たことがなかったし、
そもそも佐幕派の新撰組の方が好きなので・・・よく知らないのですよね。
NHK大河ドラマ「翔ぶが如く」も、西田敏行があんまり好きじゃなくてねー。

そういえば、女性の新撰組は好きな人がよくいるけど、
龍馬好きって女性あまり見ないのは何故なんだろう・・・?


興味深げに資料を眺めるダーリン
うーん、前知識があるとこうも違うものなのね。
ちょっぴりうらやましい。


そうそう、坂本龍馬記念館では、特別イベントとして、
写真でランキング歴史人物!ってのがありまして。

1位が坂本龍馬。
2位が土方歳三。
3位が坂本リョウ(龍馬の妻)

でした。

さすが、土方ー!
いい男だもんねぇ。

残念ながら、組長の近藤勇さんはランキング外でした。
カナシー!

やっぱ、男は顔かい。


歴史的資料は知識がないのであまり興味がなかったのですが、
龍馬の手紙は大抵最後に、姉の「乙女さん」にあてる追伸がついています。
それがね~、文語体じゃないところが面白いです。
なんと、高知弁!

この時代の文書って、なにかとお堅いけれど、
身内にあてた部分ってキャラがでるんですねぇ。
とても興味深かったです。



そうそう、この資料館で思ったのは、
高知県民ってキャラが濃い・・・ってコトかしら。


キャラで観光名所として呼べる場所の多いこと。
広島や神奈川では考えられませんよ。
今の宮崎県くらいじゃない?



坂本龍馬&中岡慎太郎。

 2人とも意外と写真が多い・・・好きだね写真。
 中岡の方がイケメンですけど、龍馬もなかなか?

ジョン万次郎。

 小学校の時に本で読んだ気がします。

山之内一豊&妻。(愛知出身)

 やっぱり、妻は偉大!ってことかな。

紀貫之。(京都出身)

 ただの勤務だったせいか、高知での取り扱いはヤヤ少なめ(笑)
 お土産「土佐日記」がかろうじで彼の功績をたたえている?

板垣退助。

 意外と・・・ですね。なぜか高知での取り扱いは少なめなのはどうしてだろう?

長宗我部元親。

 個人的に思い入れが。
 ファミコン「信長の野望」で、信長プレイで10分くらいで滅びた私が、
 「四国くらいなら!」と思って選んだキャラ。
 けど、ビジュアル的に入れ込めなくて断念。(笑)





結構、面白かったです。
龍馬記念館。


高知県立坂本龍馬記念館公式サイト

龍馬キャラがカワイイ。


個人的には、とある場所から見える、
「海の中の道路を走る車」が幻想的で印象に残りました。

龍馬と関係ねぇ!(笑)


















05.gif

熟子のもう一つのブログもヨロシク!おねがい顔文字



こちらも更新☆2008.5.16up
バナー.gif
  * ダンサブルぴょんきち♪

  クリックしてくださるとハリキリます♪
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ



TWITTER
10:02  |  旅ゆけば  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

2008.05.15 (Thu)

高知ドライブ遍路旅行★4★良妻賢母とは

翌日、日曜日は高知中心街に「日本最長」の日曜市が開かれるそうです。






タイムリー!








高知の名産、物産、野菜、おいしいものが色々揃うのだそう。
うーん、これはいいぞぅ~~~!



ホテルが日曜市の通りに近かったので、
朝食は日曜市の買い食いに決定☆




朝7時。




もう日曜市は出ています。
ヒトはまだマバラ。



全体的に日曜市の売り子さんは、高齢だなぁ・・・と思いつつ、
色々な物産が珍しくて、ついつい立ち止まって世間話。



まずは、イモ天
その場で揚げています。


ワタクシ、かつては「イモ姉ちゃん」と家族に呼ばれるほど、
サツマイモの天麩羅が大好物でして。
だから、ちょっとうるさいわよ~


ちょっとぉ!
むちゃくちゃおいしいじゃないの!!



1枚100円ですがね。
え?これ、イモ?ってくらい分厚い。

惜しむらくは、皮がちゃんとキレイに剥いてあったことかしら。
私は皮が大好きなのにぃ。



このイモ天は、なんと帰り道でも、再び食すことになりました。
おきにいり?




市は野菜が多いけど、フルーツも沢山。
キズモノの子夏1袋100円、
同じくキズモノの文旦1個100円を2個ゲット。


おいしそうな高知名産のトマトもありました。
高級さくらんぼの佐藤錦のように箱にビシ!っと詰められて、
3000円とかしてた。高い~~!

観光客用?


うーん、もうちょっとフランクな販売形態のトマトがほしかったなぁ・・・。
折角、せっかく塩を持参したのに、買い食いできなかった(笑)





漬物ばかりを出しているお店で試食した奈良漬が美味くて!!
奈良漬200円でゲット~~
奈良漬って家庭で漬けられるものなのかしら。。

 

高知で奈良漬。

ちょっと微妙だけど、美味だからヨシ!




国産ハチミツも売っていたのでゲット。


勝賀野ハチミツ



500円の小さいものを買ったけれど・・・家に帰ってとっても後悔。
すっごく濃厚でおいしかったんです。
あー・・・1キロくらい買っておけばよかったー。

家に帰って、1週間くらいで
あっちゅうまになくなってしまいました……(;´Д`)



国産で500円はありえない安さでした。
スーパーでは国産ハチミツは、今回買ったボトルの半分くらいの大きさで1000円くらいしてるし。

通販しているらしいけど、ネット通販みたいなことはしていないようなので、
電話かけないといけないんだろうな。
うーん、ちょっぴり二の足。




中国産のハチミツって偽装ハチミツって呼ばれていて、
砂糖とクエン酸でそれらしいものを作っているとTVのドキュメンタリーで見ました。
中国で生産される蜂蜜は8万トン、ところが市場で売られている 蜂蜜は25万トン。
つまり、ほとんどがニセモノ・・・。
昨年度は、厚生労働省が、中国産ハチミツから抗生物質を検出したと発表したし、
不安は不信感は拭えないですよね。。



他には・・・田舎寿司(野菜を使ったお寿司)や、
枇杷なんかも買いました。



話は戻って。


日曜市を抜けると、高知城
早速、お城探索です。


つーか、広い~~~!



高知城って意外に高い位置にある。
入り口の階段の前に杖があったので、
ありがたく借りて高知城登山(笑)


開館していなかったので、
周りだけ見ることにしました。





高知城01.jpg
良妻賢母の代名詞!

山之内一豊の妻!




熟子「持参金で夫にいいウマを買ってあげたんだよね。
   さしずめ今なら【アルマーニのスーツ】かしら?」


ダーリン「うーん、ヒラ社員が着ていると逆効果かも(笑)」

熟子「じゃ、なんだろう?」

ダーリン「【フェラーリ】とか?」


絶対違うと思う。
営業とかだったら、イヤミだよ・・・。


いいものを買い与えるというのは、
現代の良妻賢母とはいえないようである。





一豊君の像そっちのけで、
お千代さんの像だけ撮影(笑)


司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読書中のダーリン
その前に、司馬遼太郎 『功名が辻』読了したばかりなので、
色々な話の概略を教えてくれました。

歴史を知ると、見るものも興味深くなりますね。


そのうち読んでみようかな。
私は、どっちかって言うと佐幕派なのだけど。




高知城を眺めながら、田舎寿司を2人で食す。




その後、ダーリンの希望により山内神社まで散歩。
一豊君を祀っているそうです。


思い入れがあるなぁ・・・。


そのわりには、「龍馬の生家」とかはスルー。




いや・・・
生家って別に、見てもねー・・・って感じしません?
岩国にも宇野千代生家とかあったけど・・・イマイチ興味がわきません。
そりゃあ、生家が残っているってすごいことなんでしょうけど。

家なんてただの匣だものね。

ドイツにもゲーテハウスとかあったから、
世界中に、結構な数の生家マニアとかいるのかしらねぇ。











買ってきた文旦で、お約束の遊び。

分担男.jpg

あ~んあん.gif



※熟子ではありません。悪しからず。























05.gif

熟子のもう一つのブログもヨロシク!おねがい顔文字



こちらも更新☆2008.5.13up
バナー.gif
  * 」

  クリックしてくださるとハリキリます♪
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ




TWITTER
00:00  |  旅ゆけば  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。